カテゴリー:暗号資産

  • イーサリアム

    過去最高値を更新、仮想通貨「イーサリアム」とは?

    仮想通貨としてはビットコインに次ぐ世界第二位の時価総額を誇るイーサリアムが値上がりを続けています。昨年2020年6月13日には25,564円だったイーサリアムは、右肩上がりで値上がりを続け、年明け2021年1月3日には80,000円を突破、今月4月15日には過去最高値の269,219円に到達しています。イーサリアムが値上がりしている理由はなんでしょうか。
  • コインベース 上場

    コインベースIPO!上場後の購入は危険?

    コインベースとはアメリカサンフランシスコに本社があり、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアムなどを取り扱う仮想通貨取引やウオレットサービスを提供している企業です。コインベースの強みはバンクオブアメリカとの提携により銀行口座保有者は簡単にコインベースの口座を開くことができ多くのアメリカ国民がコインベースの口座をもっています。
  • ビットコインに賭けたスクウェアの直近四半期決算

    コロナ禍のアメリカで先月、決済サービス大手スクウェア(Square, SQ)の2020年度第四四半期決算が発表されました。昨年10月にビットコイン5000万ドル(約52億5000万円)分を始めて購入し、今年に入ってさらに1億7000万ドル(178億5000万円)分を追加購入し、ビットコインに大きく賭けたスクウェアですが、直近決算の内容はどうなっているのでしょうか。
  • 仮想通貨ビットコインの欠点と保管方法の落とし穴

    暴騰が始まって以来、話題のビットコインですが、先日の1月10日まで急上昇していましたが1月11日に突然の暴落で320万円台まで下がり、そしてその後ふたたび410万円まで上昇、現在は340万円から360万円あたりで変動しています。多くの仮想通貨の中でも一番有名なビットコインの特徴や欠点を抑えながら、保有するにあたり注意しなければならないことを説明していきます。
  • ついに参入|テスラがビットコインへ投資した背景とは?

    アメリカ現地時間の先週、イーロン・マスク率いるテスラが15億ドル(約1575億円)分のビットコインを購入し、関係者の間で大きな話題になりました。テスラがビットコインへ投資した背景には何があったのでしょうか。
  • どうなる?ビットコインは今後も投資対象になり得るのか?

    ビットコインの値上がりが続いています。昨年12月に20,000ドルの天井を突破したビットコインは年明けとともに30,000ドルを突破、その1週間後には40,000ドルも突破しました。その後やや下落し、本記事執筆時点の2…
  • 2021年はどうなる?|ビットコインが今年高騰したワケとは?

    世界が新型コロナウィルスとの闘いに明け暮れた2020年、新たに変異種が発生するなど先が見えない状態のまま年が終わろうとしています。世界中が暗いムードに包まれた一年でしたが、2020年はビットコインが高騰した年でもありま…
  • 2021年のアメリカで注目のフィンテック銘柄は?

    フィンテックという言葉をご存知ですか?フィンテックとは、ファイナンス(Finance)とテクノロジー(Technology)を合わせた造語で、金融系システム・サービスを提供している企業のことです。コロナのパンデミックが…
【DMM 株】口座開設
LINE証券

最近のコメント

    【DMM 株】口座開設
    LINE証券
    ページ上部へ戻る