これからの米国株を牽引する!?「FAANG2.0」から宇宙関連株

米銀大手バンク・オブ・アメリカが、これまで株式相場を押し上げてきた米主要ハイテク企業5社の頭文字をとった「FAANG」から、次世代の「FAANG2.0」に移行したという議論を展開しました。

それを構成するのは、燃料(Fuels)、航空・防衛(Aerospace and defense)、農業(Agriculture)、原子力・再生エネルギー(Nuclear and renewables)、貴金属・鉱物(Gold and metals/minerals)であるとしています。今回はこの中から、世界的な開発競争が加速している宇宙関連銘柄をご紹介します。

サクソバンク証券 一般口座開設
目次

無重力体験と宇宙から地球を眺められる大気圏遊覧飛行[SPCE/NASDAQ]ヴァージン・ギャラクティック

https://www.virgingalactic.com

米国に拠点を置く、垂直統合型航空宇宙会社です。民間の個人・研究者向けに宇宙旅行サービスを提供しているほか、航空宇宙飛行機の製造を手掛けています。独自の技術を駆使し、顧客が数日間にわたる他では味わえない斬新な体験ができるよう設計された宇宙飛行システムを開発しています。

機体はニューメキシコ州スペースポートアメリカから打ち上げられ、宇宙船を双胴の飛行機(母船)で高高度まで運び、切り離した後はロケット噴射で大気圏を超え、宇宙空間で数分間にわたって無重力の世界を体験。

その後、大気圏に戻ってからは滑空して米国・ニューメキシコ州の基地「スペース・アメリカ」へ帰還します。乗客は数分間の無重力の体験と、宇宙から地球を眺めることができます。正式に営業を開始していないため、将来見込める売上高がどの程度になるのかはまだまだ見えません。2021年に世界のセレブであるリチャード・ブランソンを乗せた宇宙旅行が成功し、今後事業として軌道にのるかが注目されます。

サクソバンク証券 一般口座開設

1日1回、低予算で小型ロケットの打ち上げを目指す[ASTR/NASDAQ]アストラ・スペース

独自の垂直統合されたテクノロジープラットフォームに基づき、衛星打上げおよびその他の宇宙サービスを提供するロケット技術企業です。小型の人工衛星を低軌道に低コストで打ち上げることを目的としています。

本社は、サンフランシスコからベイブリッジを渡った対岸のアラメダ旧米海軍基地跡地にあるため、広いスペースで研究開発ができるほか、そこから打ち上げを行うことも可能です。近年は半導体技術の進歩によって人工衛星のサイズがどんどん小さくなり、トースターくらいの小さな人工衛星でもこなすことが可能となりました。

また、地球から近い低軌道に人工衛星を打ち上げる場合、それほど大きなロケットは必要ないため、打ち上げ費用も低コストで済みます。そのため、最近の宇宙ビジネスの大半は低軌道を飛行する人工衛星によって創り出されています。同社のロケットは手間がかからず、作業員が4名ほどいれば打ち上げできることもあって、ゆくゆくは1日1回のロケット打ち上げを目指しています。

サクソバンク証券 一般口座開設

打ち上げ用ロケットの設計・製造をおこなう航空宇宙企業[RKLB/NASDAQ]ロケット・ラブUSA

https://www.rocketlabusa.com

ロケット開発や宇宙機の設計・製造事業を手掛ける、米国の航空宇宙企業です。民間、防衛、および商業市場向けに宇宙へのアクセス頻度を上げ信頼性を高めるためのエンド・ツー・エンドのミッションサービスを提供しています。

打ち上げ用ロケット、エレクトロンとニュートロン、および、衛星プラットフォーム、フォトンの設計・製造をおこなっています。エレクトロンは、国家安全保障、科学研究、宇宙廃棄物削減、地球観測、気候監視、通信分野での活用を目的として、民間企業や公共機関向けに 100機以上の衛星を軌道上に投入されています。またフォトン衛星プラットフォームは、NASAの月・火星探査や民間初の金星探査ミッションに採用されました。

そしてさらに、新たなロケット「ニュートロン」の開発をおこなっている状況です。事業は、打ち上げサービス部門と宇宙システム部門からなります。日本、ドイツ、その他の国々でサービスを提供していますが、米国で主要な収益が生み出されています。

サクソバンク証券 一般口座開設

人工衛星によって収集した地球観測の多彩なデータを提供[BKSY/NYSE]ブラックスカイ・テクノロジー

https://www.blacksky.com

バージニア州ハーンドンに本社を置く、米国のテクノロジー会社です。自社の衛星コンステレーションを活用して、世界各国において画像および関連データの分析サービスなどの提供をおこない、活動や施設の監視を世界的におこなっています。また、衛星および地上システムの開発、統合、運用を含むミッションシステムを、世界中の商業および政府の顧客に提供しています。

これらのシステムは、星座の観測だけでなく、さまざまな宇宙、モノのインターネット(IoT)、および地上ベースのセンサーとデータフィードの処理が可能です。製品は、政府の防衛と諜報活動で使用されたり、商業、建設、災害、気候、環境などの分野で活用されたりしています。

これらの情報は機密性が高く、外部に漏れてはいけないデータであるため、今後ずっとデータを買い続けられる資金が豊富な得意先に対し、長期的に提供することを狙っています。なお、同社の小型人工衛星は、すでに低軌道上で稼働しています。

サクソバンク証券 一般口座開設

人工衛星による地球観測を民間企業が閲覧できるシステムを提供[SPIR/NYSE]スパイア・グローバル

https://www.spire.com

宇宙ベースのデータ、分析、宇宙サービスのプロバイダーです。多目的衛星コンステレーションを使用して、取得が困難な貴重なデータを調達し、予測ソリューションでデータを充実させています。

顧客がデータセットへのアクセスと、最終的な視点からの地球に関する強力な洞察を提供し、組織が信頼性、正確性、スピードをもって意思決定をおこなえるようにしています。

同じデータを何度でも重複販売できることから、1回当たりのアクセス・コストを低く抑えあれます。これにより、多くの民間ビジネスにとって、衛星データサービスがより身近になることを狙っています。小型人工衛星から地球を観測するビジネスをおこなっていますが、ブラックスカイが軍事関連を扱っているのに対して、同じようなデータを広くネットで公開し、複数の利用者に何度も再利用してもらうビジネスモデルとなっています。現時点では需要について未知数ですが、当たれば成長の伸び代が大きいことが予想されます。

サクソバンク証券 一般口座開設

宇宙関連にまとめて投資できるETFを紹介

最近になって、宇宙関連、宇宙ビジネスをテーマにしたETFも登場しています。最初となる2019年4月に発売された、Procure Space ETF[UFO]は、ボーイング [BO]、マキサー [MAXR]、イリジウム・コミュニケーションズ [IRDM]、インテルサット [I]、エアバス [EADSY]といった宇宙関連株を保有。

加えて、2021年12月には、SPAC上場で合併したアストラ [ASTR]、ロケットラボ  [RKLB]、ブラックスカイ [BKSY]、スパイアグローバル [SPIR]なども追加しています。コロナ禍の金融相場で時の人となったキャシー・ウッドのアーク・インベストメント・マネジメントでは、2021年の初めに ARK Space Exploration ETF [ARKX]を発売しました。

また、2021年後半には、商業衛星の設計、製造、打ち上げ、データ収集に焦点を当てた [SIDU/NASDAQ]サイダス・スペース、ピーター・ティールやARKファンドも投資したことで知られる、ドイツのレーザー通信製造会社[MYNA/NASDAQ]マイナリックや、カナダの衛星ブロードバンド企業 [TSAT/NASDAQ]テレサットが続けてナスダックに上場するなど人類最後のフロンティアと言われる宇宙ビジネスへの期待がさらにふくらみつつあります。

サクソバンク証券 一般口座開設

≪参考≫
https://site2.sbisec.co.jp/ETGate/?OutSide=on&_ControlID=WPLETmgR001Control&_PageID=WPLETmgR001Mdtl20&_DataStoreID=DSWPLETmgR001Control&_ActionID=DefaultAID&getFlg=on&burl=search_market&cat1=market&cat2=report&dir=report&file=market_report_fo_america_220523.html
https://diamond.jp/zai/articles/-/275862
https://www.zoomy.club/invest/space-stock/
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/us/profile/RKLB#:~:text=%E3%83%AD%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%96USA%E3%81%AF%E7%B1%B3%E5%9B%BD,%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AB%E6%8E%A1%E7%94%A8%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%80%82
https://ussto.com/stock/BKSY

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

米国株ナビでは、米国株の最新トレンドやおすすめ証券会社に関する情報を毎日発信しています。
https://twitter.com/home

コメント

コメントする

目次