規模1兆ドル!米インフラストラクチャー法案とは?

米インフラストラクチャー法案

アメリカ現地時間の2021年8月10日、バイデン大統領肝いりの米インフラストラクチャー法案が米議会上院を通過、来月後半に下院に送られる運びとなりました。規模1兆ドル(約110兆円)という空前絶後の超党派法案は、無事に下院を通過できるのでしょうか。アメリカ株式市場への影響なども含めて、今後の展開を予想します。

インフラストラクチャー法案の内訳は?

一部の共和党員も賛成に回り、賛成69、反対30で上院を通過したインフラストラクチャー法案ですが、その内訳はどうなっているのでしょうか。2700ページを超える膨大な法案には、その支出先が記されています。

1100億ドル(約12兆1000億円)道路や橋の修繕
390億ドル(約4兆2900億円)公共交通機関への投資
660億ドル(約7兆2600億円)乗客鉄道と貨物鉄道への投資
75億ドル(8250億円)電気自動車用充電ステーションの整備
50億ドル(約5500億円)電気およびハイブリッドスクールバスへの投資
420億ドル(約4兆6200億円)港および空港の混雑緩和
550億ドル(約6兆500億円)水道・下水道インフラへの投資
650億ドル(約7兆1500億円)ブロードバンドアクセスの増強
210億ドル(約2兆3100億円)老朽化したガス油田の清掃または廃止
730億ドル(約8兆300億円)電線網近代化、リニューアブルエネルギーへの投資

意外とオールドファッションであるという印象を受けますが、インフラストラクチャー法案という名の通り、老朽化したアメリカの各種のインフラを改修・投資する内容となっています。特に道路や橋、鉄道への投資、水道・下水道インフラへの投資、ブロードバンドアクセスの増強、電線網の近代化とリニューアブルエネルギーへの巨額の投資が目を引きます。

既に影響を受け始めた株も

インフラストラクチャー法案の上院通過を受け、アメリカの株式市場も既に影響を受け始めています。まずはETFですが、アメリカのインフラ関連企業に特化したETFのグローバルXUSインフラストラクチャー・ディベロップメントETFは、2021年年初から28%値上がりしています。同様にインフラ関連企業に特化したiSharesUSインフラストラクチャーETFも、年初から22%値上がりしています。

個別銘柄では、水道・下水道工事大手のアドバンスト・ドレイネッジ・システムズ(WMS)が年初から40%値上がりしています。また、道路会社大手のクリーブランド・クリフ(CLF)が年初から78.7%値上がりし、水道管理・制御用機器開発のレックスノード・コーポレーション(RXN)も年初から51%値上がりしています。さらに、土木用機器レンタル・インフラ管理会社のハーク・ホールディングス(HRI)も、同様に90%値上がりしています。

民主党のナンシー・ペロシ下院議長は、法案の下院通過について比較的楽観的な見通しを示していますが、米国株式市場の方は、すでに法案通過を織り込み始めています。筆者の予想では、法案は間違いなく通過するでしょう。法案の今後の行方と、関連銘柄の値動きに注目です。

米国株ナビでは、プロの証券アナリストによる会員限定レポートを公開しています。無料登録をすればどなたでもお読みになれますので、ぜひご登録ください。

ご登録はコチラまたは以下の画像をクリックしてください

(参照サイト)
https://www.usatoday.com/story/news/politics/2021/08/25/most-back-bidens-infrastructure-bill-and-budget-plan-poll/5577143001/
https://www.barrons.com/articles/senate-passes-1-trillion-infrastructure-plan-51628610853
https://en.as.com/en/2021/08/11/latest_news/1628673539_463428.html

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

【DMM 株】口座開設
LINE証券

最近のコメント

    【DMM 株】口座開設
    LINE証券
    ページ上部へ戻る