カテゴリー:銘柄レポート

  • マイクロソフト サティア・ナデラCEOによる復興が株価上昇の追い風に

    米マイクロソフトの7‐9月(第1四半期)決算は、増収増益を維持し、利益と売上高は11四半期連続で予想を上回りました。今期は、クラウドコンピューティング事業「アジュール」、オフィス365が好調で第2四半期への成長加速を示す決算内容です。
  • zoom

    ZOOM コロナ禍で右肩上がりの売上高と収益!!

    気軽なコミュニケーションやリモートでのオンライン会議、大規模会議やセミナーなどでのビデオコミュニケーションプラットフォームを提供するお馴染みのZOOMが、新機能と拡張機能を次々にリリースし、世界で最も人気が高いビデオ会議システムとしてビジネスユーザに支持されています。
  • SNOW FLAKE  ウォーレン・バフェットが認めたSnowflake

    フォーチュン500の金融サービスの半数以上はすでにSnowflakeを利用していますが、Snowflakeは、いち早くユーザーのニーズに合わせたフィンテックプラットフォームの構築やセキュリティに準拠したDWHを提供し、新製品やサービスのイノベーションや売上に貢献しています。Snowflakeのプラットフォームが今後どの様なビジネスチャンスや既存ビジネスへの破壊を生み出すのか、データ活用ソリューションとして注目されているSnowflakeの今期決算について紹介していきます。
  • EHang Holdings

    EHang Holdings |空飛ぶクルマの実現はいつ?

    米モルガン・スタンレーは40年までに世界の市場規模が1兆5千億ドルに成長すると予測していますが、現状下の開発競争では米欧中が先行し、世界各国でAVVの旅客輸送に対する法整備の検討がされている段階です。AVVのリーディングカンパニーであるEHang Holdingsは、空飛ぶクルマの実現に向けて生産施設を操業開始しています。粉飾決算疑惑などくすぶりが続く渦中のEHang Holdingsの今期決算を紹介していきます。
  • 今後も安泰か?ゲーム開発プラットフォーム『Unity』の今後を考えてみよう

    Unity【U】は「Among Us」や「PokémonGO」、「Cuphead」。これら世界的に有名なゲームは実はある1つの会社のプラットフォームを利用して作成されているのです。その名前はUnity。なんとモバイルゲームの70%以上が、当社のプラットフォームを利用して作成されていると推定されているほどだとも言われています。
  • paypal

    5年後には7.5億人が利用!?オンライン決済サービスのPaypal

    オンライン決済サービスのリーディングカンパニーである米決済大手ペイパル【PYPL】は、仮想通貨取引を導入した「ベンモ(Venmo)」の利用者の拡大で増益が見込まれる今期。世界中のアクティブユーザーの爆発的な潜在需要の高まりのなか、次世代のデジタルバンクを目指すペイパルの第2四半期(4−6月期)決算について紹介していきます。
  • ファイバー

    ユーザー前年比43%増のFiverr、コロナ後はどう需要を維持する?

    FiverrInternational Ltd.(NYSE:FVRR) は、イスラエルのテルアビブに本社を置く、グローバル市場でのフリーランスのオンラインデジタルマーケットプレイスを提供する会社。フリーランサーが世界中の顧客に商品やサービスを販売するためのビジネスソリューションのプラットフォームを提供しています。
  • GDRX

    【GDRX】新たな脅威が現れる中、COVID-19下でその地位を盤石に出来るか

    今回はヘルスケア業界の革命児ともいえるGoodRXについて現況から事業の特徴、財務状況等を整理した上で、今後の見通しまでお伝え出来ればと思います。
  • プラグパワー

    次世代の水素エコノミーを目指すプラグパワーソリューション

    グリーン水素の業界リーダーとも言われるプラグパワーの21年第1四半期の発表と、20年12月期財務諸表の過年度遡及修正の提出がされました。株価が年初から急激に上昇している背景には何があるのでしょうか。まもなく21年Q2の決算となりますが、プラグパワーの業績についてレポートします。
  • square

    【SQ】Squareは金融業界のAmazonになれるか

    コロナ禍でますます多様化した決済手段。皆様の中にも今までは対面中心だった決済手段も非対面に切り替えた方も多いのではないでしょうか。今回はそんな決済サービスを中心に提供しているSquare, Inc.(SQ)について現状からCOVID-19下の影響、更に将来の展望についてもみていきたいと思います。
【DMM 株】口座開設
LINE証券

最近のコメント

    【DMM 株】口座開設
    LINE証券
    ページ上部へ戻る