カテゴリー:ETF

  • iシェアーズ好配当株式ETF とは?特徴や構成銘柄を紹介

    iシェアーズ好配当株式ETF とは?特徴や構成銘柄を紹介

    DVYの構成銘柄は2021年12月8日地点では101銘柄の代表的米国株銘柄で構成されています。比較的高配当の銘柄が多く組み込まれています。過去5年間で配当を支払い、配当金が減額されず継続的に支払われていることが条件です。
  • iシェアーズ・コア米国総合債券市場ETFとは?

    iシェアーズ・コア米国総合債券市場ETFとは?

    iシェアーズ・コア米国総合債券市場ETFは、資産運用会社ブラックロックが組成したETFで、ブルームバーグの米国総合債券インデックスとの連動を目指しているETFです。アメリカの投資適格債券に幅広く投資できるユニークなETFをご紹介します。
  • ETF

    iシェアーズMSCIグローバル・インパクトETF

    2015年9月の国連サミットで、参加国全会一致で採択された持続可能な開発目標のSDGs。採択から6年が過ぎた今、すっかり当たり前のように使われていますが、投資の世界でもSDGsをテーマにしたETFが組成、運用されています。本記事では、SDGs関連銘柄で構成されたETFの「iシェアーズMSCIグローバル・インパクトETF」をご紹介します。
  • VYM

    高利回り米国株ETF「VYM」とは?構成銘柄やおすすめしないケースも紹介!

    VYMをご存知ですか?VYMは、アメリカの大手投資アドバイザー企業のバンガードグループが2006年11月から組成・運用しているETF(上場投資信託)です。VYFは、高配当や安定性などから世界中の投資家の人気を集めています。本記事では、VYMの基本情報をVYMの構成銘柄などと共にお伝えします。
  • s&p500

    ジャクソンホール会議の株市場影響:S&P500・ナスダック最高値更新

    アメリカの代表的な経済株価指数としてS&P500とナスダックがあります。S&P500はアメリカ企業のトップ500社で構成されており、ナスダック総合指数は3000社で構成されています。それぞれ独自の選定基準があり、それにより毎年数回の入れ替えが行なわれ、業績良好をキープしているトップにある銘柄が組み込まれる仕組みになっています。
  • キャシー・ウッド

    次世代のバフェットと呼ばれるウッド氏の注目保有銘柄

    キャシー・ウッド(Cathie Wood)氏をご存知ですか?ウッド氏は投資会社アーク・インベストメントの創業者でCEOを務める人物で、次世代のバフェットと呼ばれるアメリカの大物投資家です。2014年の設立以来、アーク・インベストメントのETFは高いパフォーマンスを記録し、2020年にウッド氏はブルームバーグの「ベストストックピッカー」に選出されています。そんなウッド氏のポートフォリオから、注目の銘柄3選をご紹介します。
  • XLF

    上昇の金融セクター・期待大のETF、SPDR ファイナンシャルセレクトセクター[XLF]

    SPDRファイナンシャルセレクトセクターETFは金融関連企業関連銘柄の65銘柄で構成されています。金融セレクトセクター指数はS&P500におけるパフォーマンスを計測する指標です。
  • ETF

    初心者向け投資の基本:ETF ・投資信託・株式について解説

    3種の大きな相違点は、ETFと株式は上場取扱いに対して、投資信託は非上場取扱いであること、そして投資家の取得方法が投資信託は他と異なっています。その他コストに関するてんでも少しづつ異なっていますので、それぞれETF、投資信託、株式と詳しく解説していきます。
  • 短期で利益を狙える!?一般消費セレクト・セクターSPDRファンド(XLY)

    短期で利益を狙える!?一般消費セレクト・セクターSPDRファンド(XLY)

    アメリカでも大手3台ブランドSPDRが運営するETFで、運用資産残高は約1.8兆円規模となっています。アメリカ全体のETFの運営する企業の中でも上位に位置しており1300企業の中の60位となっていますので、規模としては全く心配する必要のない商品です。
  • バンガードETF

    なぜバンガードETFが選ばれるのか?米国増配ETF/インターナショナル高配当ETF/米国株高配当ETF

    バンガード社はETFのプロバイダー企業の中でも最も投資家から選ばれています。今回はどうしてバンガードが他社と比べて人気があるのか、そしてバンガード社が持つETFの中でも高配当のETF3種について解説していきます。
【DMM 株】口座開設
LINE証券

最近のコメント

    【DMM 株】口座開設
    LINE証券
    ページ上部へ戻る