カテゴリー:トレンド

  • 今は仕込み場?オミクロン株による米国株市場の動向に注目

    今は仕込み場?オミクロン株による米国株市場の動向に注目

    南アフリカで新型コロナウィルスの新変異株「オミクロン株」が見つかり、すでにヨーロッパ、カナダ、香港、イスラエル、オーストラリアなどで感染者が確認されたという衝撃的なニュースが報じられました。報道を受けて各国の株式市場が下落、世界的な株安に見舞われました。
  • 今は仕込み場?オミクロン株による米国株市場の動向に注目

    先週、南アフリカで新型コロナウィルスの新変異株「オミクロン株」が見つかり、すでにヨーロッパ、カナダ、香港、イスラエル、オーストラリアなどで感染者が確認されたという衝撃的なニュースが報じられました。報道を受けて各国の株式市場が下落、世界的な株安に見舞われました。アメリカではまだ感染者は確認されていませんが、オミクロン株の登場により、米国株市場はどう動くでしょうか。
  • EV商用配送車が加速|注目すべき関連銘柄

    今後10年でガソリン車から電気自動車へシフトしていくことは確実となっています。BloombergNEFの調査では2030年までに227,000台以上、2040年912,000台以上の中大型 EV商業用配送車が売られると予想しています。今回は注目されているEV商用配送車の銘柄を見ていきましょう。
  • ヴァンエック半導体ETF|今注目すべき半導体銘柄

    今回は勢いのある半導体銘柄を集めたヴァンエック半導体ETFに組み込まれている銘柄の中で最も今注目を集めている銘柄を紹介します。強気市場である半導体産業は来年市場規模は5734億ドルと今年の8.8%増加と予想されており、検討の余地があるでしょう。
  • ルミナー・テクノロジーズがエヌビディアと提携

    ルミナー・テクノロジーズがエヌビディアと提携

    アメリカ現地時間の2021年11月9日、フロリダで開催されていたエヌビディアのカンファレンスで、ルミナー・テクノロジーズのLiDAR(ライダー)が、エヌビディアが開発中の自動運転用AIコンピューティングプラットフォームに採用され、同社と事実上の提携関係に入ったと発表されました。その発表を受け、ルミナー・テクノロジーズの株価は一時70%も値上がりしましたが、そもそもLiDARとは何なのでしょうか。
  • クリーンエネルギーへ加速!今狙うべきEV銘柄4選

    世界中でクリーンエネルギー政策が具体化してきており、その中でもEV市場は激戦市場であり、新規参入企業も多く出てくることが見込まれます。今後10年でさらに需要が高まり一段と注目されることでしょう。今回は現在注目すべきEV銘柄を紹介していきます。
  • コロナ後へ航空業界が動き始める、最も期待できる航空銘柄4選

    米国では国民のワクチン接種が進んできたことで、航空業界に明るい兆しが見えてきました。2021年の最新決算ではアメリカン航空、サウスウエスト航空、デルタ航空などの大手航空会社は揃って黒字化の達成を果たしています。
  • メタバース

    メタバースが熱い!米国メタバース銘柄6選

    仮想3D空間「メタバース」(Metaverse)が世界的なバズワードになりつつある中、多くの企業が次々にメタバース事業に参入しています。また、有望な投資先としてメタバース関連銘柄が多くの投資家の関心を集めています。本記事では、メタバース事業に参入している主な企業と、その取組内容をご紹介します。
  • アドバンスト・マイクロ・デバイシズ

    アドバンスト・マイクロ・デバイシズが2021年度第三四半期決算を発表

    アメリカ現地時間の2021年10月26日、アドバンスト・マイクロ・デバイシズが2021年度第三四半期決算を発表しました。半導体不足が世界的な問題となり、主要各国が解消へ向けた対策を進める中、同社の決算はどのような内容だったのでしょうか。
  • イーロンマスク世界1位の富豪となる。課税義務のため50億ドル相当自社株売却

    イーロンマスクの純資産額が世界1位2990億ドルで世界最高ランキングとなりました。世界2位であるAmazonの会長ジェフ・ベゾス氏の純資産額2010億から980億ドルと大きく差をつけました。3位がルイビトン会長兼CEOのベルナール・アルノー。4位がビルゲイツとなっています。(11月12日現在)
【DMM 株】口座開設
LINE証券

最近のコメント

    【DMM 株】口座開設
    LINE証券
    ページ上部へ戻る