江連良介一覧

  • 米国株優良銘柄を選別|重要ポイントを押さえて押さえて的確に。

    今回は一般投資家向けに、これらの要素を抑えながら簡単に選別する方法を紹介していきます。そしてその条件をクリアしている米国銘柄3銘柄を見ていきましょう。
  • 2022年、話題の米国株3銘柄についてご紹介

    2022年、話題の米国株3銘柄についてご紹介

    今回は2022年に入り早々話題になっている次の3銘柄、高配当連続増配等を打ち切ったAT&T、増配当継続中のフランクリン・リソーシズ、そして最も期待できる銘柄テスラについて解説していきます。
  • クアルコム|通信に強いPC向けCPUを開発する通信・半導体メーカー

    クアルコム|通信に強いPC向けCPUを開発する通信・半導体メーカー

    米国・カリフォルニア州サンディエゴに本社を置く、通信・半導体関連メーカーです。1985年に、電気工学者のアーウィン・ジェイコブス氏とアンドリュー・ビタビ氏によって創業。1989年にはCDMAを使った無線通信を通信業界の主要な50社に対してデモンストレーションし、歴史的な成功を収めました。
  • 米国株には高配当株が多い! 個別の高配当銘柄や増配銘柄、ETFも紹介

    米国株は国内株より配当が多いと聞いたことはないでしょうか。実際に配当を重視する企業が多く、長期的な収益も見込んで投資をする人が日本でも増えています。この記事では数多くある米国株のなかでも、とくに高配当の銘柄を紹介します。米国株投資の参考としてみてください。
  • エレクトリック・ラストマイル・ソリューションズ|EV商用貨物車を開発

    エレクトリック・ラストマイル・ソリューションズ【ELSM】はデラウェア州デトロイトに拠点を置く、EV化された商用貨物車を開発するスタートアップ企業です。米国の企業向けに、商用電気自動車の開発・製造・販売をおこなっています。主に、配達等に利用される軽量級の電動トラック等を取り扱っており、効率的でコネクテッド、カスタマイズ可能なラストマイル・ソリューションに注力。
  • 2022年の米国株式市場の見通しは?全体の動きを占う

    S&P500は、2019年に28.88%、2020年に16.26%、2021年に26.89%とそれぞれ上昇し、好調なパフォーマンスを維持しています。2022年度においても好調を維持するのでしょうか。それとも、今年は違った展開を見せるのでしょうか。今年2022年度の米国株式市場の見通しについて考察します。
  • コロナ禍でも業績好調!おすすめ米国eコマース銘柄5選

    新型コロナウィルスのパンデミックが始まって間もなく2年、多くの会社や業界が大きな影響を受け業績を悪化させました。一方、コロナ禍で逆に売上や業績を伸ばした業界も存在します。その代表例として挙げられるのがeコマース。今回は、ポストコロナ・ウィズコロナ時代を見据えた、おすすめ米国eコマース銘柄5選をご紹介します。
  • フィスカー|テスラより遠くまで走る電気自動車を発売する新興メーカー

    フィスカー【FSR】は米国カリフォルニア州ロサンゼルスに本拠地を置く、電気自動車(EV)の新興メーカー。アストン・マーチンなどの元デザイナー、ヘンリク・フィスカー氏が2016年に創設した新興企業です。環境に優しい電気自動車を開発することで、自動車産業に革命をもたらします。自動車産業向けのテクノロジー対応のアセットライト自動車ビジネスモデルを開発しています。
  • メルカドリブレ|ラテンアメリカ最大のECプラットフォームを運営

    メルカドリブレ|ラテンアメリカ最大のECプラットフォームを運営

    メルカドリブレ【MELI】はラテンアメリカで最大の電子商取引運営会社です。同社は、商業取引を容易にするためのプラットフォームをユーザーに提供。現在は、ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、米国を含むその他の18カ国で事業を展開しています。
  • ファストリー|すべてのクラウドと連携するエッジクラウドコンピュータを運営

    ファストリー【FSLY】は2011年に設立された、米国カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置く、エッジクラウドプラットフォーム企業です。より高速でより信頼性の高いオンラインコンテンツを提供するために必要なコンテンツ配信ネットワーク(CDN)を運営しています。開発者が自分のものとして採用できる、信頼性の高いエッジクラウドプラットフォームを提供しています。
【DMM 株】口座開設

最近のコメント

    【DMM 株】口座開設
    LINE証券
    ページ上部へ戻る