AI<人工知能>関連投資の最新トレンド5銘柄

AI市場が注目の訳

近年AIを取り入れた企業があらゆる分野で活躍を始めています。AI機能は急速に開発が進みディープラーニングや学習能力など、将来多くの企業と連携し経済界を変えて行くといわれています。世界中の投資家の間でも将来確実に成長が見込める分野として注目を集めています。AIはまだ発展途上国の段階ですが、将来は必要不可欠なものと考えられています。そして今が絶好の投資タイミングで将来株価爆発的に上昇が期待されています。

2017年頃からAIの取り入れる企業が増え始め、2025年までの8年間で25倍にまで成長するといわれています。2017年からの過去5年の経過をみても毎年確実に成長していることが分かります。ここでは、多くのAI関連銘柄の中から、今現在プロ投資家からも注目されている必見5銘柄を紹介していきます。
(参考:米調査会社トラクティカ

AI関連注目銘柄5選

次は、具体的なAI関連注目銘柄を5つご紹介します。

エヌビディア

エヌビディア(Nvidia corporation)【NVDA】はビジュアルコンピューティング、グラフィック、グラフィックユニット、最近はGPディープラーニングAI、ロボット、自動運転自動車などを中心に経営している企業です。とくにエヌビディアが提供する自動運転半導体が大変勢いづいており、テスラ、アウディ、ボルボ、日本車ではトヨタが最近提携を組み本格的に動き出しています。業界でもエヌビディアのAI技術のすごさは認められており、現在では同業者比較では圧勝であることは確かです。将来的に車産業はクリーンエナジー車に変化していくことが確実とみられますので、おおくの期待が寄せられます。

アマゾン

Amazon【AMZN】は、世界最大規模のオンラインショッピングサイト、配信サービス、クラウドサービス、電子取引などを提供する多国籍テクノロジー企業です。事業では幅広くAIを利用し新しい経営スタイルをいち早く取り入れ利益を獲得しています。例えばオンラインショッピングでは、購入する前にお試しができないということがネックでしたが、AIアプリを利用することで販売率をアップしています。化粧品などはとくに利用が多く、リップの色やファンデーションの色味などを自身の顔写真に当てはめて確認するシステムが利用できます。

すでに大きな化粧品企業との提携もありこれからも需要が増えることが考えられます。またテキストを音読できるシステムやアマゾン レコグニションという動画解析AIのレンタルも企画されています。現在の段階で積極的にAIを取り入れて事業経営を始めていますし、AI分野はまだ発展途上国ですので、将来さらに重要が高まることが考えられます。
(参考:amazon)

グーグル

グーグル【GOOGL】は世界最大検索エンジン、インターネット広告、ウェブメール、グーグルマップ、クラウドコンピューティング等のサービス提供企業です。これまでも、AI事業を取り入れに取り組んでいますが、全く新しい分野医療業界へのAIの取り込みを計画しています。糖尿病の合併症である失明をAIの診断プログラムによっていち早く発見することができるというものや、同じシルテムの応用で乳がんを早期に発見するシステムです。この分野での成功に力をいれており、成功すれば将来的にビジネスモデルの変更も考えられるほどです。

インテル

インテル【INTC】は大手の半導体チップ製造、ICとコンピューター技術の統合でプラットフォーム開発、またデスクトップ製品、ノートパソコン製品等の販売サービスを展開しています。

インテルのAI取り組みは医療業界での活用です。多くの企業や医療がAI利用は進んでいますが、実際の所は未だ、十分にその利便性を活用しきれていません。将来的にヘルス分野でのAI開発を進めて行き、データ解析の鮮明化や迅速処理など医療者がしっかりと活用できるように取り組んでいくことを目標としています。

アリババ

アリババ【BABA】はコアコマース事業、最近はクラウド関連やヘルスケア、金融分野と幅を広げて事業を展開しています。アリババは経営上の問題解決まだ事業のセキュリティーや経費削減等にどのようにAIの活用が可能かということに注目し、積極的に利用をしています。またアリババクラウドでは企業へのAIプロフェッショナルサービスという、サービスコスト、データ収集、エンジニアという問題の解決サービスを提供しています。アメリカ企業エヌビディアとの提携を2016年にしており、AIの将来性を見込みクラウドコンピュータと人工知能分野へ熱心に取り組み続けています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

【DMM 株】口座開設
LINE証券

最近のコメント

    【DMM 株】口座開設
    LINE証券
    ページ上部へ戻る