ついに参入|テスラがビットコインへ投資した背景とは?

アメリカ現地時間の先週、イーロン・マスク率いるテスラが15億ドル(約1575億円)分のビットコインを購入し、関係者の間で大きな話題になりました。テスラが米国証券取引委員会(SEC)に提出した報告書によると、テスラは15億ドル分のビットコインを購入するとともに、自社の電気自動車の購入手段として顧客からのビットコイン支払いを受け付けるとしています。テスラがビットコインへ投資した背景には何があったのでしょうか。

キャッシュリターンの最大化が目的

テスラ【TSLA】によると、テスラがビットコインへ投資した理由は「キャッシュリターンの最大化」が目的です。実際、テスラの発表直後、ビットコインの価格は17%値上がりし、過去最大の44,220ドル(約463万3100円)の値を付けています。価格はその後も上昇を続け、本記事執筆時点(2021年2月18日)では52,142ドル(約547万4910円)で取引されています。単にキャッシュリターンを狙うのであれば、現時点で売却すれば相応のリターンが得られるはずです。

ソーシャルメディアであおるイーロン・マスク

一方、当事者のイーロン・マスクは、テスラがビットコインへ投資する直前にソーシャルメディアでビットコインの価格を押し上げるような行為を繰り返しています。Twitterにビットコインを支持するハッシュタグをつけ、価格を20%上昇させることに成功しています。また、その二日後にはチャットサイトのクラブハウスで、「現時点ではビットコインはいいものだと思う。僕はビットコインのサポーターだよ」という発言もしています。こうした一連の行為とビットコインの値上がりには、相応の相関関係があるといわざるを得ないでしょう。

中国当局が直前に声明を発表

なお、テスラのビットコインへの投資の発表の直前に、中国当局がテスラの電気自動車の安全性に関する短い声明を発表しています。異常加速やバッテリーの発火など、テスラの製品の安全性に関する重大な声明です。ある関係者は、中国当局の声明がテスラの株価に悪影響を与える可能性を鑑みて、テスラが「火消し」としてビットコインへの投資を発表した可能性があると指摘しています。

そうした可能性は考えられなくはないでしょうが、真相はわかりません。筆者は、テスラはあくまでも「キャッシュリターンを最大化し、(キャッシュのポートフォリオに)さらに多くの柔軟性と多様性を与えるため」に投資したと考えるのが無難だと考えています。なお、テスラは、「今後暗号通貨への投資を随時または長期的に行ってゆく」としています。

(参照サイト)
https://www.cnbc.com/2021/02/08/tesla-buys-1point5-billion-in-bitcoin.html
https://fortune.com/2021/02/13/elon-musk-tesla-bitcoin-bet-1-5-billion-alex-pickard/
https://www.cnbc.com/2018/09/27/tesla-falls-4percent-on-report-elon-musk-sued-by-sec.html

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

【DMM 株】口座開設
LINE証券

最近のコメント

    【DMM 株】口座開設
    LINE証券
    ページ上部へ戻る