資産運用おすすめランキング・トップ5【初心者でも迷わない】

・将来が不安だから資産運用をしたいけど何から始めればいいの?
・初心者・少額からでも無理なく資産運用をする方法を知りたい
・資産運用で最初に大きな失敗をしたくない

このような悩みや疑問はありませんか。

2022年9月現在、円安が進み物価が高騰しています。例えばアメリカのAppleのiPhoneやMacBookが円安で値上がりしたことが話題になりました。原油や小麦なども値上がりしており、ガソリン価格や食費も上がっており、インフレの影響が各種メディアで報じられています。

日本円の価値が目減りしていく時代だからこそ、資産運用をはじめたいと思う方もいるでしょう。
そこで本記事では初心者でも無理なく迷いなく始められる資産運用をランキング形式でご紹介します。

サクソバンク証券 一般口座開設
目次

資産運用とは?三つに分解してみよう

資産運用とは、文字通り自分の資産(お金)を預貯金や投資に回すことで効率的に増やしていくことです。

【まとめ】資産運用は本当にするべき?よくある疑問や悩みを解消します!
(資産運用について詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください)

早速、ランキングを発表したいところですが、その前に、資産運用を考える三つの視点を紹介します。

1.何に投資をする?
2.どう投資をする?
3.どんな制度を使う?

資産運用のランキングの中には、この3つの視点が混じってしまっているものが見受けられます。
例えば米国株や日本株は投資対象ですが、NISAやiDeCoは投資対象ではなく国の制度です。

人気のスポーツランキングで1位がサッカー、2位が国立競技場、3位が野球で、4位が東京ドームでは、おかしいですよね。(国立競技場や東京ドームはスポーツではなく、スポーツする競技場です)

投資ランキングでも「1位が米国株、2位がNISA、3位が不動産、4位がデイトレード」(仮)など「何に投資をするのか?」、「どう投資をするのか?」、「どんな制度を使うのか?」が混在しているものもあります。

まずは混乱しないように資産運用を3つの視点で整理して行きましょう。

サクソバンク証券 一般口座開設

①何に投資をする?

資産運用でまず考えるのが「何に投資をするのか?」です。

例えば、米国株・日本株・投資信託・不動産・暗号資産・コモディティ・外貨などが挙げられます。
資産運用とは、日本円で稼いでいる人にとって「日本円を別の資産に置きかえること」と考えれば分かりやすいのではないでしょうか。

・将来が不安だから資産運用をしたいけど何から始めればいいの?
・初心者・少額からでも無理なく資産運用をする方法を知りたい
・資産運用で最初に大きな失敗をしたくない

このような悩みや疑問はありませんか。

2022年9月現在、円安が進み物価が高騰しています。例えばアメリカのAppleのiPhoneやMacBookが円安で
値上がりしたことが話題になりました。原油や小麦なども値上がりしており、ガソリン価格や食費も上がっており、インフレの影響が各種メディアで報じられています。

日本円の価値が目減りしていく時代だからこそ、資産運用をはじめたいと思う方もいるでしょう。
そこで本記事では初心者でも無理なく迷いなく始められる資産運用をランキング形式でご紹介します。

資産運用とは?三つに分解してみよう

資産運用とは、文字通り自分の資産(お金)を預貯金や投資に回すことで効率的に増やしていくことです。

【まとめ】資産運用は本当にするべき?よくある疑問や悩みを解消します!
(資産運用について詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください)

早速、ランキングを発表したいところですが、その前に、資産運用を考える三つの視点を紹介します。

1.何に投資をする?
2.どう投資をする?
3.どんな制度を使う?

資産運用のランキングの中には、この3つの視点が混じってしまっているものが見受けられます。
例えば米国株や日本株は投資対象ですが、NISAやiDeCoは投資対象ではなく国の制度です。

人気のスポーツランキングで1位がサッカー、2位が国立競技場、3位が野球で、4位が東京ドームでは、おかしいですよね。(国立競技場や東京ドームはスポーツではなく、スポーツする競技場です)

投資ランキングでも「1位が米国株、2位がNISA、3位が不動産、4位がデイトレード」(仮)など「何に投資をするのか?」、「どう投資をするのか?」、「どんな制度を使うのか?」が混在しているものもあります。

まずは混乱しないように資産運用を3つの視点で整理して行きましょう。

サクソバンク証券 一般口座開設

①何に投資をする?

資産運用でまず考えるのが「何に投資をするのか?」です。

・将来が不安だから資産運用をしたいけど何から始めればいいの?
・初心者・少額からでも無理なく資産運用をする方法を知りたい
・資産運用で最初に大きな失敗をしたくない

このような悩みや疑問はありませんか。

2022年9月現在、円安が進み物価が高騰しています。例えばアメリカのAppleのiPhoneやMacBookが円安で
値上がりしたことが話題になりました。原油や小麦なども値上がりしており、ガソリン価格や食費も上がっており、インフレの影響が各種メディアで報じられています。

日本円の価値が目減りしていく時代だからこそ、資産運用をはじめたいと思う方もいるでしょう。
そこで本記事では初心者でも無理なく迷いなく始められる資産運用をランキング形式でご紹介します。

資産運用とは?三つに分解してみよう

資産運用とは、文字通り自分の資産(お金)を預貯金や投資に回すことで効率的に増やしていくことです。

【まとめ】資産運用は本当にするべき?よくある疑問や悩みを解消します!
(資産運用について詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください)

早速、ランキングを発表したいところですが、その前に、資産運用を考える三つの視点を紹介します。

1.何に投資をする?
2.どう投資をする?
3.どんな制度を使う?

資産運用のランキングの中には、この3つの視点が混じってしまっているものが見受けられます。
例えば米国株や日本株は投資対象ですが、NISAやiDeCoは投資対象ではなく国の制度です。

人気のスポーツランキングで1位がサッカー、2位が国立競技場、3位が野球で、4位が東京ドームでは、おかしいですよね。(国立競技場や東京ドームはスポーツではなく、スポーツする競技場です)

投資ランキングでも「1位が米国株、2位がNISA、3位が不動産、4位がデイトレード」(仮)など「何に投資をするのか?」、「どう投資をするのか?」、「どんな制度を使うのか?」が混在しているものもあります。

まずは混乱しないように資産運用を3つの視点で整理して行きましょう。

サクソバンク証券 一般口座開設

①何に投資をする?

資産運用でまず考えるのが「何に投資をするのか?」です。

例えば、米国株・日本株・投資信託・不動産・暗号資産・コモディティ・外貨などが挙げられます。
資産運用とは、日本円で稼いでいる人にとって「日本円を別の資産に置きかえること」と考えれば分かりやすいのではないでしょうか。

例えば、米国株・日本株・投資信託・不動産・暗号資産・コモディティ・外貨などが挙げられます。
資産運用とは、日本円で稼いでいる人にとって「日本円を別の資産に置きかえること」と考えれば分かりやすいのではないでしょうか。

<h3>③どんな制度を使う?</h3>

資産運用をして利益が出ると原則、課税の対象となります。しかし、NISAやiDeCoのように一定の条件を満たすと資産運用の利益を非課税にできる制度が存在します。

NISA「NISA口座(非課税口座)」内で、毎年一定金額の範囲内で購入したこれらの金融商品から得られる利益が非課税になる、つまり、税金がかからなくなる制度
iDeCo公的年金にプラスして給付を受けられる私的年金制度の一つ。 掛金、運用益、そして給付を受け取るときに、税制上の優遇措置がある。

どっちが有利?メリットとデメリットは?iDeCoとNISAの違いを解説
(NISAとiDeCoについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください)

NISAやiDeCoを使うことで税制上の優遇措置が受けられます。
ただしNISAやiDeCoには、かけ金の制限や投資対象の制限などがあるため、上手く使いどころで活用することが効率よく資産運用をするために必要です。

サクソバンク証券 一般口座開設

資産運用おすすめランキング

「何に投資をする?」という観点から、投資初心者でも無理なくはじめられる資産運用の対象をランキング形式で紹介します。一つの例として参考にしてみてください。

サクソバンク証券 一般口座開設

1位:米国株(個別投資)

メリット世界を代表する無数の有名企業から投資対象を選べる 1株から買える 力強い米国経済の恩恵を受けられる ドル建て資産なので円安対策にもなる
デメリット銘柄を分析する手間がかかる 個別銘柄ならではのリスクがある

資産運用ランキング1位は、米国株の個別投資です。
「海外の個別株への投資はハードルが高いのでは?」と感じる方もいるかもしれません。
しかし、今では日本のネット証券からでも日本株と同じように買えます。

また、日本株とは異なり原則1株から買えるため、少額からはじめやすいのも米国株の良いところです。
米国市場には無数の銘柄が上場されており、配当利回りが高い銘柄、時代のトレンドに載っている成長企業、安定している企業の銘柄など、様々な投資スタイルに合った株を見つけられます。また、米国株は当然、ドル建ての資産ですから円安対策にもなります。

銘柄を分析する難しさや個別株特有のリスク(決算が悪いと売られやすい、悪いニュースが出てしまうなど)はあります。しかし、大きく株価が伸びる銘柄に投資できれば大きく資産を増やすことができます。

2位:投資信託・ETF

メリット簡単に分散投資ができる 個別銘柄の分析をする必要がない 個人で個別株を買うだけでは難しい運用もできる
デメリット信託報酬がかかってしまう

資産運用ランキング第2位は、投資信託・ETF(上場投資信託)です。
投資信託とは、投資家から集めた資金を一つにまとめ、投資の専門家の運用会社が代わりに株式や債券、コモディティ、不動産など様々な対象に投資・運用をして、その成果を投資家に還元する金融商品です。

例えばS&P500という米国を代表する企業を集めた株価指数があります。投資信託やETFならS&P500に連動したものに投資をすれば、S&P500を構成する銘柄に広く分散投資するのと同じ効果が期待できます。

個別銘柄でS&P500を構成する無数の銘柄を個人で全て購入するのは、とても大変です。しかし、投資信託やETFならば簡単に分散投資ができます。投資信託とETFには、「成長株だけを集めたもの」、「高配当銘柄だけを集めたもの」、「世界中の代表的な株を集めたもの」など様々な運用方針のものがあります。

投資信託・ETFのデメリットは信託報酬という、運用や管理などにかかる費用がかかることです。しかし、信託報酬が投資額の1%以下の安い投資信託やETFも多いため、神経質になる必要はないでしょう。

3位:コモディティ

メリットインフレに強い
デメリット配当金や分配金がない

コモディティとは、金や銀、プラチナなどの貴金属や原油、小麦、大豆などです。
一般的に商品先物取引で投資できます。商品先物取引は「最終取引日を過ぎると自動的に決済されてしまう」、「証拠金を積んで取引をしたりする」などルールが複雑です。株と同じ感覚で取引するなら各種のコモディティ価格に連動した投資信託やETFで投資をすることも可能です。

物価が上がるとコモディティ価格は一般的に上昇するため、インフレ対策に優れています。また、金は一般的に株価と逆相関の動きをすることが多いため、株式市場が不調なときの投資対象になります。

4位:米ドル

メリット金利が高い 日米の金利差でドル高基調
デメリット各国の政策金利に振り回される 先行きが読みづらい

外貨預金やFXなどで米ドルに投資するのも資産運用です。
特に日米の金利差が開いていることから、低金利通貨の日本円が売られ、高金利通貨の米ドルが買われるという
状況が続いています。(2022年9月現在)

株は為替とは異なり、「業績が良ければ株価は上がる」という原則があります。一方、為替は各国の政策に大きく左右されやすい点、先行きが読みづらい難しさがあります。

5位:日本株

メリット日本語の投資情報が得やすい 株主優待がある
デメリット少子高齢社会で国全体の成長力に期待しづらい 銘柄分析の手間がかかる 個別銘柄ならではのリスクがある

日本株の個別銘柄を第5位にしました。
米国市場ほどではないものの、日本の株式市場はアジアを代表する大きな市場の一つです。
日本語で投資情報を入手しやすく、普段の生活の中で親しみのある銘柄が多いのも魅力ではないでしょうか。
また、お得な株主優待がある銘柄も日本株の醍醐味です。

ただし、日本経済は少子高齢社会で成長に期待しづらい状況。また、米国株の個別株同様に銘柄分析の面倒な点やリスクは無視できません。

あの資産運用は?【番外編】

ランキングには入れませんでしたが、投資初心者がはじめるにはハードルが高い暗号資産と不動産についても
簡単に言及します。

サクソバンク証券 一般口座開設

暗号資産

暗号資産とはビットコインやイーサリアムなどのことです。
若い投資家の中には株ではなく、暗号資産から投資をはじめたという人も少なくありません。

ビットコインをはじめとする暗号資産には、株のように理論株価のような基準がなかったり、日々の値動きが激しかったりする点を考慮してランキングには入れませんでした。

しかし、資産全体の5%〜10%程度を暗号資産に分散して保有しておくなど無理のない範囲で買う分には良いかもしれません。

不動産投資

不動産投資は、多額の投資資金が必要になります。そのため、ローンを組むこともめずらしくありません。不動産は株や通貨などとは異なり、全く同じものが存在しません。そのため良い不動産を選ぶこと自体に専門知識や経験が必要です。また、不動産は一度、購入したら株や投資信託などのように簡単に売り先が見つかるとは限りません。

ただし、不動産投資信託(Reit)や不動産投資クラウドファンディングなど小口で、不動産に投資できる金融商品はあります。

米国株に投資をするならネット証券の口座を開こう

資産運用のおすすめランキング1位〜5位で紹介した投資対象は、ネット証券に口座を開けば投資できます。
特にネット証券は取引手数料が低くおさえられているため資産運用をはじめたばかりの人におすすめです。

以下に米国株を取り扱っているネット証券の概要をまとめましたので、参考にしてみてください。

 取引手数料(税込)為替手数料外貨決済対応
サクソバンク証券0.2%(最低5〜上限15USD)往復25銭✖︎
SBI証券0.495%(最低0〜上限22USD)往復25銭(円貨の場合)
楽天証券0.495%(最低0〜上限22USD)往復25銭(円貨の場合)
マネックス証券0.495%(最低0〜上限22USD)買い0円、売り25銭(円貨の場合)
DMM証券0円往復25銭 配当受け取り1円✖︎
松井証券0.495%(最低0〜上限22USD)往復25銭 配当受け取り0円✖︎

資産運用おすすめランキングまとめ

資産運用おすすめランキングベスト5を紹介しました。初心者でも取り組みやすい投資対象という観点から、

1位:米国株
2位:投資信託・ETF
3位:コモディティ
4位:米ドル
5位:日本株

この5つを選びました。資産運用をこれからはじめたいという方の参考になれば幸いです。

サクソバンク証券 一般口座開設
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

米国株ナビでは、米国株の最新トレンドやおすすめ証券会社に関する情報を毎日発信しています。
https://twitter.com/home

コメント

コメントする

目次
閉じる