Polkadot(DOT)とは?特徴と将来性を徹底解説

コインチェック
目次

Polkadot(DOT)とは

Polkadotは2020年8月に上場したばかりの、新しい仮想通貨です。2016年にイーサリアムの共同創設者でもあるギャビン・ウッド氏がこの仮想通貨の設計をしています。そしてPokadotにはブロックチェーンの高度なトランザクション能力が備わっています。

インターネット空間「Web3.0」の実現を目指しています。「Web3」とは新しいWebの世界で、ブロックチェーンの技術で分散化されたネット空間のことを表しています。この技術も持つことで非常に高技術の高いセキュリティーシステムが可能になっています。

Polkadotの特徴

セキュリティ性能が高いこと

Polkadotoのセキュリティはそのプログラムがネットワーク上に保有されており、全てのブロックチェーンが同じネットワーク上のセキュリティにアクセスし利用することができます。そのため、小さなブロックチェーンであってもしっかりとしたセキュリティーシステムが確立されているために安全に利用することが可能です。

ブロックチェーンを作ることが可能なこと

Polkadotはブロックチェーンの開発ツールである「Substrate」を提供し、簡単にブロックチェーンの開発ができます。

スケーラビリティ問題の解決が可能なこと

ユーザーが一気に利用することで起こる問題、処理速度の遅延や、また手数料が高くなることが発生します。Polkadotは「Parachain」と呼ばれる並列化されているブロックチェーンの利用で処理速度を落とさず対応することが可能です。

インターオペラビリティの実現ができること

様々なブロックチェーン同士で運用が可能です。ビットコインやイーサリアムなどの互換性がないブロックチェーン同士でもPolkadotは両方を繋ぎ取引することができます。

オープンガバナンス体制であること

Polkadotの開発は利用者の協力のもとで取り組んでいます。ビットコインやイーサリアムはアップグレードする場合、ハードフォークという方法を利用し、この方法は非常に時間がかかる上に効率が悪くなってしまいます。Polkadotの場合は、例えば、ユーザーは特定の仮想通貨を保有していれば、手数料の決定権や、それぞれのブロックチェーンの追加や削除、データのアップデートなどに参加することができるのです。そうすることで迅速にアップグレードが柔軟に行なわれます。

現在の評価

現在の価格:2,207円

時価総額ランキング:11位

2020年8月から急上昇に向かい最高価格が47USDまで上昇。それ以降は下落に向かいましたが、2022年初年からは上昇に向かい、現在2,207円あたりで動いています。多くの投資家はブロックチェーン同士を繋げる機能があり、今後の滞在市場に注目し始めています。

最近のニュース

大手の仮想通貨取引所がPolkadotの取り扱いを始めています。中国の大手バイナンスがPolkadotのサポートファンド1000万ドルを設立しました。またシンガポールの大手であるBitrueが2021年1月からPolkadotの取り扱いを始めステーキングサービスの開始をすることも発表しました。このステーキングサービスはユーザーが対象の仮想通貨の保有をするだけで、年利7.3%(Bitrueの場合)の高利回りで報酬を受け取ることができる仕組みのことです。

将来性

2022年に入り、多くの取引所でPolkadotの取り扱いが開始されていること。またステーキングなどの運用方法でのユーザーが増加することで、投資家は報酬狙いであり、長期で保有する可能性が高いと考えられることなど、将来的にさらに利用機会が増える仮想通貨とも言えます。

実際に現在ステーキングされている仮想通貨の中でPolkadotは全体の3位と上位に位置しており、多くの投資家がステーキングで運用しています。そして、ブロックチェーン同士を繋げることができることが、今後アプリが開発されていくとPolkadotを使うことで便利に仮想通貨市場の活発化につながることになるでしょう。こういった関連プロジェクトが多いほど将来性があると言えます。現在Polkadotのブロックチェーン上では300以上のプロジェクトが進行していると言われています。ただ、現地点で仮想通貨全体が下落気味にあるため、今後全体的に上昇のタイミングでPolkadotも同じく上昇する可能性はあるといえるでしょう。

国内最大級の17種類の仮想通貨を取扱い

コインチェック
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

米国株ナビでは、米国株の最新トレンドやおすすめ証券会社に関する情報を毎日発信しています。
https://twitter.com/home

コメント

コメントする

目次
閉じる