「トップダウン」?「ボトムアップ」?二つの投資アプローチ手法を解説

「トップダウン」?「ボトムアップ」? アイキャッチ

「投資先をどのように決めるか」は、すべての投資家にとっての永遠のテーマですが、ファンダメンタルズ分析手法として「トップダウンアプローチ」と「ボトムアップアプローチ」と呼ばれるものがあります。本記事では、「トップダウンアプローチ」と「ボトムアップアプローチ」の基本について解説します。

目次

トップダウンアプローチとは?

トップダウンアプローチ(Top-down approach)とは、マクロ経済分析などのブロードな全体像の分析からスタートし、徐々に掘り下げて行って個別の投資先へ到達するアプローチ方法です。一般的にはGDP、金融政策、為替レート、インフレーション、コモディティ相場などの分析からスタートし、投資先として有望な国や地域、産業セクター、業界を導き出します。

トップダウンアプローチにおける中核的な考え方は、「有望な産業セクターや業界の中にこそ有望な投資先が存在する」で、「マクロ経済の環境変化により、企業業績は左右される」です。それゆえ、トップダウンアプローチにおいては、何よりもまず「有望な国」を特定し、続けて「有望な産業セクター」そして「有望な投資先」を見つけるというステップを踏みます。

ボトムアップアプローチとは?

一方、ボトムアップアプローチ(Bottom-up approach)はトップダウンアプローチの逆です。ボトムアップアプローチでは、まずは個別の企業の分析からスタートします。トップダウンアプローチのように初めにマクロ経済分析からスタートするのではなく、企業の財務諸表、事業内容、成長性などをくまなく分析し、将来大化けしそうな企業を見つけ出すのです。ベンチャー投資などで行われる、投資候補企業のデューデリジェンスからスタートすると言っていいでしょう。

ボトムアップアプローチにおける中核的な考え方は、「たとえ経済環境が良好でない場合でも、優れた企業は結果を出せる」です。よってボトムアップアプローチでは、投資候補企業の製品やサービス、人的資産、マーケティング力、技術力などの評価に重きが置かれます。

どちらのアプローチを使うべきか?

一般論としては、ベンチャー投資やグロース銘柄への投資を行うケースにおいて、ボトムアップアプローチが使われるケースが多いようです。また、バイアンドホールド投資のような、長期的投資においてもボトムアップアプローチが使われるケースが多いようです。

いずれにせよ、トップダウンアプローチとボトムアップアプローチは、アプローチの仕方としては真逆ですが、必ずしもトレードオフの関係にあるわけではありません。両者は相互に補完できる関係であり、実際に補完的に使うべきです。実際に、投資家の多くは両者を併用しています。ボトムアップアプローチからスタートし、最終的にトップダウンアプローチで検証してみる、あるいはトップダウンアプローチからスタートし、最終的にボトムアップアプローチで検証してみる、といった使い方が望ましいでしょう。

SBI証券なら業界最安水準の手数料!最低0ドル!

(参照サイト)

https://www.thebalance.com/what-is-top-down-investing-1978894

https://www.investopedia.com/articles/investing/030116/topdown-vs-bottomup.asp

https://www.cnbc.com/2015/06/02/making-sense-of-bottom-up-investing.html

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる