エヌビディア|AIの進化で成長が見込まれる世界有数の半導体メーカー

[NVDA/NASDAQ]NVIDIA CORPORATION

https://www.nvidia.com

業種:半導体

沿革・会社概要

エヌビディア【NVDA】は、米国カリフォルニア州サンタクララに本社をおく、世界有数の半導体製造会社です。1993年にLSIロジックを退社したジェン・スン・ファンがクリス・マラコウスキー、カーティス・プリエムと共に創業。

1995年に最初の商品である「NV1」を発売し、1999年にナスダックに上場しました。PC向けグラフィックプロセッサ「GeForce」やメモリ製品、ワークステーション向け「Quadro」、高性能コンピュータ向け「Tesla」や「3DVison」、モバイル通信向けの「Tegra」などを展開しています。

コンピュータのグラフィックス処理を行うGPUの設計を手掛け、ゲーム用ハイエンドPC、データセンター、自動車のインフォテインメント・システムなど、さまざまなエンドマーケット向けの製品を製造しています。最近は、同社の高性能GPUの特性を活かした人工知能(AI)や自動運転など、より複雑で有利な収益機会となる幅広い分野にまで進出しています。

セグメント情報

◎Graphics事業
売上(百万USD) 利益(百万USD)
FY21  9,834 4,612
FY20  - -
FY19  - -
FY18  - -
FY17  - -

◎GPU事業
売上(百万USD) 利益(百万USD)
FY21  - -
FY20  9,465 2,180
FY19 10,175 3,507
FY18  8,137 3,806
FY17  5,822 4,443

1999年以降、PCゲーミング市場が爆発的に成長し、近代コンピューターグラフィックの定義を一新し、並列コンピューティングに革新をもたらしました。最近では、GPUディープラーニングがコンピューティングの新時代を開く近代AIの起爆剤となっており、世界を認知および理解できるコンピューター、ロボット、自動運転車の中枢に同社のGPUが利用されています。

◎Compute & Networking事業
売上(百万USD) 利益(百万USD)
FY21  6,841 2,548
FY20  - -
FY19  - -
FY18  - -
FY17  - -

◎Tegra Processor事業
売上(百万USD) 利益(百万USD)
FY21  - -
FY20  1,453 -9
FY19  1,541 303
FY18  1,534 196
FY17  824 241

NVIDIA Tegraは、ARM系の省電力統合型プロセッサのシリーズです。スマートフォンやタブレット型コンピュータ、Nintendo Switch、nVidia Shield TV、自動車のインフォテインメントシステムなどに使用されています。また、これからのデータセンターには柔軟で高速な接続が求められます。そこでNVIDIAネットワーキングでは、データ転送の高速化とオフロードをおこない、データ不足や帯域不足に起因するトラブルを確実に回避することができるようにしています。

◎All Other事業
売上(百万USD) 利益(百万USD)
FY21  - -2,628
FY20  - -237
FY19  - -600
FY18  43 -1,156
FY17  264 -880

そのほかの事業です。

《FY21Q2(5~7月)8月19日発表》
売上:65億700万USD(約7405億円) 前年同期比68.3%増
純利益:27億7400万USD(約3157億円) 前年同期比47.6%増 
ROE:40.4%
ROA:22.2%
PER:108.7倍
PBR:35.9倍
時価総額:759,750百万USD
(※PER、PBR、時価総額は11月15日株価より算出)

2021年第2四半期の収益は過去最高の65億1,000万ドルで、前年比68%増加しました。特にゲーム収益は30.6億ドルで記録的なものとなり、前年比85%増加しました。

創設者兼CEOであるジェンスン・フアン氏は、「当社はこの四半期に、NVIDIA AIEnterpriseソフトウェアスイートで実行されるAIワークロードを開発・展開するために、NVIDIA BaseCommandとFleetCommandを立ち上げました。また、物理的に現実的な仮想世界を実行し、他のデジタルプラットフォームに接続する、NVIDIAOmniverseを立ち上げています。エンジニア、デザイナー、さらにはオムニバースに接続してデジタルツインや産業用メタバースを作成する自律型マシンを想像しています」と話しました。

第3四半期の見通しは売上高が約68億ドルで、アナリスト予想平均の65億4000万ドルを上回りました。ただし、半導体の供給逼迫は今後も続くと警告しており、エヌビディアは来年の大半の期間、供給制約が続くとの見方を示しています。

今後の展望

現在、半導体が世界的に品薄となり価格上昇が発生してます。この供給問題に関してCEOのフアン氏は、「DRAMやフラッシュメモリなどが世界的に半導体の供給不足が起きているが、当社製品のGeForce(グラフィックカード)不足についてはそうした半導体供給不足とは直接的には関係ありません」と話しています。GeForceは、暗号通貨のマイニングの世界的な流行が要因で、現在は徐々に市場に供給されつつあるということです。
 
また、データセンター向けのArm CPU「Grace」を発表し、COMPUTEX TAIPEI VirtualではArm CPUを搭載したサーバーの認証プログラムを開始するなど、同社が買収を進めているArmのソリューションの採用を強めています。この採用の可能性についてフアン氏は、「メモリやGPUの間で十分な帯域幅が用意されているCPUが市場にはないため、特にモデルが巨大なAIでは今後必要になっていくと考えています」と述べました。

《参考》
https://strainer.jp/companies/8778
https://www.careercross.com/company/detail-59997
https://www.nvidia.com/ja-jp/networking/
https://finance.yahoo.co.jp/news/detail/20210604-00000003-motleyfool-world
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/1328811.html
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-08-18/QY1ZFADWX2PS01
https://nvidianews.nvidia.com/news/nvidia-announces-financial-results-for-second-quarter-fiscal-2022

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

【DMM 株】口座開設
LINE証券

最近のコメント

    【DMM 株】口座開設
    LINE証券
    ページ上部へ戻る