SNOW FLAKE  ウォーレン・バフェットが認めたSnowflake

フォーチュン500の金融サービスの半数以上はすでにSnowflakeを利用していますが、Snowflakeは、いち早くユーザーのニーズに合わせたフィンテックプラットフォームの構築やセキュリティに準拠したDWHを提供し、新製品やサービスのイノベーションや売上に貢献しています。Snowflakeのプラットフォームが今後どの様なビジネスチャンスや既存ビジネスへの破壊を生み出すのか、データ活用ソリューションとして注目されているSnowflakeの今期決算について紹介していきます。

目次
1. 会社概要
2. 事業の特徴
3. 会社規模
4. 業績
5. 財務分析
6. トピック:バークシャー・ハサウェイのIPOでの投資により株価底堅く…
7. 今後の業績見通し
8. まとめ

1. 会社概要

Snowflake Inc(SNOW:NYSE) 

スノーフレイクは、モンタナ州ボーズマンに本社を置く、世界シェア1位のクラウドベースのデータウェアハウス。マルチなクラウドベースで動くSaaS型データ分析用DWH「Snowflake」を世界規模で事業展開。現在、ニューヨーク、ロンドン、シドニー、シンガポール、日本など世界12カ国で3,000人を超える社員が在籍。

 2. 事業の特徴

スノーフレイク(Snowflake Inc)は、2012年7月に Oracle(オラクル)でデータアーキテクトであったBenoit Dageville、Thierry Cruanes、オランダの新興企業Vectorwise(ベクターワイズ)の共同創設者のMarcinŻukowskiによって設立。ステルスモードで2年間運用した後、2014年10月から一般公開し、2020年9月16日に新規株式公開でNYSEに上場。当初の本社所在地は、カリフォルニア州サンマテオだったが閉鎖して2021年5月26日にモンタナ州ボーズマンに移転している。スノーフレイクの社名は、創設者のウィンタースポーツへの愛着によるもの。

スノーフレイクは、企業向けのパブリッククラウド上で構築されたクラウドベースのデータウェアハウス(DWaaS)であり、マルチクラウドでの顧客ニーズに対応したフレキシブルでリアルタイムに自動化された一元管理と独自のパーティション技術による高速なデータ処理と分析、セキュリティ、ガバナンス、プライバシーに準拠した安全で強力なデータシェアリング機能、低コストな1秒単位の料金体系による従量課金制でのビックデータ・プラットフォームを提供している。

スノーフレイクの主な利点は、データを集約・加工するコンピュートクラスタ(計算処理)とデータを蓄積するストレージレイヤー(記憶装置)を完全に分離した独自のアーキテクチャにより、大量・高速なデータ処理の同時実行ユーザを可能にしていること、全てのパブリッククラウドでサービス提供を行うため、保守・運用コストの大幅削減となり、特定のクラウドプロバイダーの障害発生時でもサービス継続が可能な点にある。分析環境や運用効率を格段に早めたマーケティング分析、セキュリティデータレイク、製品開発等の多様なビジネス判断に必要なインサイトがリアルタイムで得られ、ビジネスパートナー、サプライヤーおよび従業員との共有やコラボレーションするためのフルスクラッチで開発した独自技術のプラットホームの構築が特徴となっている。

21年7月末現在、4,990以上の金融サービス、ヘルスケア、小売/消費財、テクノロジー、メディア/ 広告/エンターティンメント、官公庁・公的機関、教育などのあらゆる業種の顧客にグローバルにサービス提供を行い、顧客は、NYSE、BlackRock (Aladdin)、 State Street (Alpha℠) 、Deloitte、Allianz、AXA、Capital One、Adobe、セールスフォース、楽天、ネットフリックス、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント、アシックス、ドアダッシュ、ヤマハなど。現在、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、日本でのクラウドパートナーとしてAmazon Web Service、Microsoft Azure、Google Cloud Platform(GCP)上での利用が可能となっている。

3. 事業規模

時価総額:91億3900万ドル (2021年10月1日時点)

純資産:60億3242万ドル (2021年7月31日時点)

資本金:49億6497万ドル (2021年7月31日時点)

従業員:3,260人(2021年7月時点)

4. 業績


(単位:百万ドル)
売上高(Gross profit)営業利益(Operating Income)経常利益 (Net Income Before Taxes) 当期純利益(Net Income After Taxes)1株益(EPS)1株配(DPS)予想売上(Revenue/Forecast)予想EPS(Forecast EPS)
22年2Q272.2-200.14-189.21-189.72-0.64256.11-0.1475
22年1Q228.91-205.59-203.47-203.22-0.7212.6-0.1548
21年4Q190.47-200.4-197.59-198.94-0.66178.55-0.1693
21年3Q159.62-169.45-168.46-168.89-0.6147.67-0.2287

5. 財務分析

(1) 成長性

FY22-Q2(2021年5−7月期)の売上高は2億7,220万ドル(前年同期比+104%)製品売上は2億5,460万ドル(前年比+103%)。売上高はコンセンサス(2.57億ドル)を上回りましたが、EPSは予想を下回る△0.64ドル、フリーキャッシュフローも連続黒字となりました。上場以降、短期的な急成長での売上先行であり、PSRは93.12と売上高成長率が+104%と高いため高水準であり、米国Saas企業のなかでも割高感があります。PBRも18.41倍とグロース株特有の特徴もあり高水準。顧客数は4,990件(前年同期比+60%)と順調に増加、SaaS特有の指標であるネットリテンションレートは169%であり、前期に引き続き150%以上をマークして好調な決算内容。 

▶セグメント別売上高プロダクト:2.5億ドル(前年同期比+103%)その他:0.2億ドル(前年同期比+121%)

▶地域別売上高構成比:アメリカ大陸:82% 欧州/中東/アフリカ:14% アジアパシフィック:3%

▶プロダクト売上高100万ドル以上(過去12ヶ月)の大口顧客数は116件(前年同期比+107%)

▶RPO(残存契約債務、受注残)は15.3億ドル(前年同期比+122%)

▶ネットリテンションレート(既存顧客の売上継続率)169%

(2) 収益性

FY22-Q2(2021年5−7月期)の売上総利益は1.66億ドル(前年同期比+100.8%)、売上総利益率は59.0%と、前年度56.0%から改善。研究開発費が1.18億ドルと前年度から3倍以上の増加となりましたが、営業損失は前期の△2.05億ドルから△2億ドルと改善し、今期も高い収益性を維持しています。

スノーフレークのCEOであるフランク・スロートマンは、「ネットリテンションレート(既存顧客の売上継続率)を169%に引き上げる一方で、調整後のフリーキャッシュフローが3四半期連続でプラス、売上総利益率と営業利益率の効率も向上しました。」と述べています。

現在、経営陣は同社の市場機会を900億ドルとしていますが、今後数年で加速すると予想されており、今後の収益拡大路線が確実に着地できるかが注目されそうです。

(3) 安全性

流動比率5.148、 当座比率4.993、自己資本比率82.30%、アルトマンZスコア (TTM) 44.96、長期負債の割合は低く財務健全性は安定といえますが、高成長企業の特徴である営業損失が続いており、資産効率性は低く有効に活用されていないためROEもマイナスとなっています。アルトマンZスコア (TTM) は、米国の製造業を対象に作られたモデルですが、44.96と米国企業平均値より高い数値であり、株価のリターンもプラス傾向であると考えられます。

6.   トピック:バークシャー・ハサウェイのIPOでの投資もあり株価底堅く…

スノーフレイクは、2020年9月16日に新規株式公開でNYSEに上場していますが、取引初日に公募価格120ドルから株価は急騰し、最高値319ドルをつけ終値は253.93ドルと2倍超の株価となりました。時価総額は704億ドル(約7兆3900億円)に達し、調達額は38億ドルとなりましたが、米ソフトウェア業界でニューヨーク証券取引所に上場した企業のうちで、過去最大規模の時価総額とされるIPOとなりました。

この初日の株価高騰の背景は、世界最大の投資持株会社ウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイ(BKR.A、mBRK.B)が、IPOで2億5000万ドル相当、さらにセカンダリーで404万株の購入と米セールスフォース・ドットコム傘下の投資会社が上場前に出資を決め、話題となったことが要因でした。バークシャーはIPO直前にもスノーフレークの未上場株を610万株取得しましたが、これは同社の発行済株式数の2%強に相当します。バフェットは通常、IPOに大きな賭けをすることを控えるのが真の投資原則としていましたが、1956年のフォードのデビュー以来、米国企業のIPOに投資をすることがなかったウォーレンバフェットが、バークシャーハサウェイを通じてスノーフレイクに大きな投資をしたことが珍しく話題となりました。90歳の誕生日を迎えたウォーレン・バフェットのスノーフレイクに対する評価が高く、スノーフレークは上場前からウォーレン・バフェットに先天的にオーソライズされていたことになります。現在の株価は320ドル近辺で推移しているため底堅く、テンバガー候補銘柄として話題が集まりそうです。

バークシャー・ハサウェイのポートフォリオ 21年3月末時点

SecurityShares/outstanding sharesShares ChangedValueValue Change
SNOW / Snowflake Inc6,125,376株/300,584,903株0%1,404,426千ドル-18.52%

(引用:2021年5月17日SEC Form 13F)

スノーフレイクのCEOが謝罪、採用で多様性より実績重視との発言 

Emily Chang、Dina Bass 2021年6月8日 10:23 JST

フランク・スルートマンCEOは、「採用において人材のダイバーシティー(多様性)よりも実績を優先するべきだとブルームバーグテレビジョンとのインタビューで示唆したことで、傷けたかもしれない人々に謝罪したいと述べた」とあり、これまでの米ダイバーシティーにおいて、「多様性や公平性、インクルージョンは長きにわたりスノーフレイクの重点であったが、われわれはさらに取り組む決意だ」と述べています。フランク・スルートマンは、2011年~2017年まで世界的にシェアが高いSaaSプロバイダーServiceNow (NOW :NYSE)の会長兼CEOでしたが、2019年にスノーフレイクのCEOに就任。人気企業の採用方針として気になる発言ですね。日本法人は2019年からスタートしていますが、同年にLinkedInの米国のスタートアップ企業としてNo.1の認定がされています。

7.   今後の業績予想

財務見通し:Snowflake 22年度第3四半期のガイダンスをまとめたものです。

GAAPガイダンス非GAAPガイダンス
22年度第3四半期製品売上280-285百万ドル 年89~92%成長
営業損失マージン▲7%
22年度通期製品売上1,060-1,070百万ドル 年91~93%成長
製品の粗利益73%
営業損失▲9%
調整後のフリーキャッシュフロー7%

引用:Snowflake Reports Financial Results for the Second Quarter of Fiscal 2022

Patrick Colville Deutsche Bank $320.00 買い
Blair Abernethy Rosenblatt Securities $300.00 買い
Mark Murphy J.P. Morgan $275.00   ホールド
Kirk Materne Evercore ISI $332.00 買い
Kash Rangan Goldman Sachs $340.00 買い
Snowflake Stock Forecast & Price Targets
https://www.tipranks.com/stocks/snow/forecast

8.   参考リンク

Snowflake Inc 公式HP:https://www.snowflake.com/
https://investors.snowflake.com/financials/quarterly-results/
https://investors.snowflake.com/news/news-details/2021/Snowflake-Reports-Financial-Results-for-the-Second-Quarter-of-Fiscal-2022/
https://www.investing.com/equities/snowflake-inc-income-statement
https://www.investing.com/equities/snowflake-inc-earnings
https://www.cnbc.com/2020/09/16/warren-buffetts-berkshire-hathaway-just-made-a-fast-1-billion-on-snowflakes-surging-ipo.html
https://whalewisdom.com/filer/berkshire-hathaway-inc#tabholdings_tab_link
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-06-08/QUCSI0DWX2PT01
https://www.nasdaq.com/articles/my-top-warren-buffet-stock-to-buy-right-now-2021-08-08
https://www.businesswire.com/news/home/20210914005271/en/Snowflake-Launches-the-Financial-Services-Data-Cloud-to-Accelerate-Customer-Centric-and-Data-Driven-Innovation-in-the-Financial-Services-Industry
https://www.zdnet.com/article/snowflake-launches-financial-services-data-cloud-touts-big-customer-wins/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

【DMM 株】口座開設
LINE証券

最近のコメント

    【DMM 株】口座開設
    LINE証券
    ページ上部へ戻る