チェッグ|教科書レンタルに強みを持つ、オンライン教育サービス企業

チェッグ|教科書レンタルに強みを持つ、オンライン教育サービス企業
[CHGG/NYSE]Chegg, Inc.
http://www.chegg.com
業種:教育

沿革・会社概要

チェグ【CHGG】は教科書レンタル、コース支援、オンライン指導を専門とする米国の教育サービス会社です。収益は教科書のレンタルが大半を占め、次いでオンライン教育サービスとなっています。高校や大学レベルの学生を対象に、2万5,000以上のタイトルの教科書を貸与し、100万人以上の学生がサービスを利用。修了後に返却してもらうサービスを中心に事業を展開しています。

オンラインサービスでは、同社のプラットフォームを活用する学生は、大学の入学試験のための勉強の大学を見つけ、学校にいる間の成績とテストの点数を取得し、彼らは彼らが大学卒業後の労働力を入力するために役立つスキルを習得することを可能にするインターンシップを見つけることができます。また、コースや教授によるレビュー、標準化された試験の準備、キャリアの準備、学習資料をウェブサイトで提供しています。

セグメント情報

◎Chegg Services事業

売上(百万USD)
FY20  512
FY19  332
FY18  254
FY17  186
FY16  129

オンラインサービスを利用する学生数は2019年に390万人を超え、前年の310万人から29%増加しました。サービスの内容は以下の3つです。

●Chegg Study

不明な点をウェブサイト上で質問すれば、詳細な説明と回答を得られる「エキスパートアンサー」などを利用できます。このサービスは有料で、Cheggのウェブサイトや携帯端末から利用可能です。

●Chegg Writing

広告サポート付きの無料サービスと有料のプレミアムサービスで構成されています。引用、盗作防止、文法、文章構成、スペルチェック、即時フィードバックなどの機能を有する人気ウェブサイト、EasyBib、Citation Machine、BibMe、CiteThisForMeなどを利用して、文書作成における修正や編集に役立ちます。

●Chegg Tutors

ほかの学習ツールを補完し、学習プラットフォーム上で教師の助けを得られるオンライン家庭教師サービスです。いつでもどこでも毎日24時間、ライブチューターのネットワークを利用することができ、ニーズの高い各教科やテスト対策などに対応。高価な家庭教師にお金を払う代わりに、学生は週または月ごとの有料パッケージでサービスを利用することができます。

◎Required Materials事業

売上(百万USD)
FY20  123
FY19   79
FY18   67
FY17   69
FY16  125

印刷された教科書と電子教科書の両方で貸し出しサービスを行っているほか、新刊や中古の教科書販売も行っています。

直近決算情報

《FY21Q2(4~6月)8月10日発表》

売上:1億9800万USD(約218億円) 前年同期比 29.7%
純利益:3300万USD(約36億円) 前年同期比 209.3%
ROE:-4.7%
ROA:-1.9%
PER:-倍
PBR:7.5倍
時価総額:10,037百万USD
(※PER、PBR、時価総額は9月20日株価より算出)

2021年第2四半期決算総純収益は前年同期比30%増の1億9,850万ドル。Cheggサービスの収益は前年同期比38%増の1億7350万ドルで、純収益全体の87%を占めていますが、これは2020年第2四半期は82%でした。Chegg Servicesのサブスクライバー数は490万人で前年同期比31%増、コンテンツの総閲覧数3億6700万となっています。純利益は32.8百万ドルでした。海外の成長も引き続き好調で、当初の予想である年間100万人以上の海外会員数を上回ることを予想しています。

CEO兼社長のダン・ローゼンスワイグ氏は「オンラインであれ、教室であれ、ハイブリッドモデルであれ、学生がどこで学習していようと、当社サービスの価値があることは明らかです」と述べています。

今後の展望

2019年アニュアルレポートにおいて「事業全体で当社と競合する他社は現時点でいない」としたうえで、同社は事業の各面において、大きな競争に直面していると説明しています。例えば、『Chegg Study』に関しては、Course HeroやQuizlet、Khan Academy、Bartlebyなど、学習教材やオンライン指導サービスを提供する企業との競争が高まっています。また、『Chegg Writing』や『Chegg Tutors』でも同様に、類似との競争が増えています。

主力の教材・副教材サービスでも競争は激化しており、Amazon.comのようなオンラインのマーケットプレース、電子書籍販売会社との競争の高まりに加えて、教材レンタルサイトも増えています。ただし、電子教科書を含む同社の教材商品は価格の安さや種類の多さ、デスクトップやモバイル端末など多様なデバイスで利用できるReader機能や互換性など機能性などが強みとなっており、高い競争力を有しているといえます。

《参考》

https://strainer.jp/companies/4166
https://strainer.jp/notes/1228
https://s21.q4cdn.com/596622263/files/doc_financials/2021/q2/Chegg-Q2-21-Earnings-Release-Final.pdf

米国株ナビでは無料会員レポートを公開中です
下記からご覧ください

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

【DMM 株】口座開設
LINE証券

最近のコメント

    【DMM 株】口座開設
    LINE証券
    ページ上部へ戻る