株価約90%上昇!今注目の銘柄、『アップスタート・ホールディングス』をチェックしよう

[UPST/NASDAQ]Upstart Holdings,Inc.
https://www.upstart.com
業種:クレジットカード・貸金業

沿革・会社概要

アップスタート【UPST】はカリフォルニア州サン・マテオに本社を置く、融資プラットフォームプロバイダで、人工知能(AI)を利用して融資業界を効率的に自動化しようとしている企業です。クレジットサービスを手掛けるほか、独自のクラウドベースの人工知能(AI)融資プラットフォームを提供しています。プラットフォームには消費者の融資需要を集約し、同社のAI対応銀行パートナーのネットワークに結び付けるものである。収益は、主に銀行からの手数料で得ています。

同社のAIを活用したプラットフォームは、銀行や融資提供者のリスクとコストを削減しながら、消費者により高い承認率、より低い金利、そして完全に自動化された効率的なプロセスでローン商品を提供することを可能にします。

セグメント情報

◎Single segment(単一事業)
売上(百万USD)
FY20    228
FY19    164

消費者のローンに関する需要を集約した融資プラットフォームは、Upstart AIに対応する銀行パートナーのネットワークに接続されます。AIモデルは、消費者向けのクラウドアプリケーション内の銀行パートナーに提供され、ローンの組成とサービスのエンドツーエンドプロセスを合理化することができます。マルチテナントクラウドアプリケーションを構築することで、銀行の既存のテクノロジーシステムにシームレスに統合するように設計されています。

このプラットフォームにより、各銀行は独自のクレジットポリシーを定義し、融資プログラムのパラメーターを決定。AIモデルは、すべての銀行パートナーからのデータを使用及び分析します。消費者は、Upstart.com及び銀行パートナーのウェブサイトにあるホワイトラベルの製品を通じて、2つの方法でUpstartを利用したローンを見つけることができます。

直近決算情報

《FY21Q2(4~6月)8月11日発表》
売上:2億2800万USD(約251億円) 前年同期比38.9%増
純利益:6000万USD(約66億円) 前年同期比1372.3%増 
ROE:7.3%
ROA:5.8%
PER:403.0倍
PBR:29.4倍
時価総額:21,033百万USD
(※PER、PBR、時価総額は9月13日株価より算出)

第2四半期売上高は前年同期比で1,000%以上の急増、1億9,400万ドルに達しました。急上昇した要因は、第2四半期に前年比1,600%以上増加した融資申請の劇的な増加によるものです。2020年9月時点では、同社のプラットフォーム上の銀行パートナーはわずか10の銀行でしたが、現在は25の銀行と信用組合が同社のAI技術を利用しています。さらに、通年売上高ガイダンスを6億ドルから7億5,000万ドルに引き上げ、アナリストの予想を約25%上回る結果となりました。

この決算を受けて、8月には株価が89.7%も上昇しました。同社の株価は1年前に上場して以来、すでに約10倍と急速な上昇のため短期的なボラティリティーが発生する可能性があります。

今後の展望

同社は、自動車のオンライン販売プラットフォームのProdigy Softwareを買収し、自動車ローン市場に参入することを発表しています。同社CEOのデイブ・ジルアード氏は、「当社は、将来的にほぼすべての融資がAIによって行われるようになると考えており、その変革に向けて当社のパートナーである銀行を手助けしている。アマゾンやShopifyがオンラインショッピングを近代化する一方で、自動車業界は取り残されている。当社はProdigy社の協力を得て、2021年にふさわしいエクスペリエンスを提供していく」と話しました。

同氏は昨年12月のIPOの直後にも、「自動車ローンには多くの非効率性があると考えている。人々は自動車ローンにあまりにも多くの費用を費やしている」と述べていました。事業範囲を広げることで、同社の収益はますます拡張していくことになります。

《参考》
https://jp.investing.com/equities/upstart-holdings-inc-company-profile
https://stocks.finance.yahoo.co.jp/us/profile/UPST
https://finance.yahoo.co.jp/news/detail/20210907-00000002-motleyfool-world
https://forbesjapan.com/articles/detail/40421

米国株ナビでは無料会員レポートを公開中です
下記からご覧ください

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

【DMM 株】口座開設
LINE証券

最近のコメント

    【DMM 株】口座開設
    LINE証券
    ページ上部へ戻る