【要チェック】新仮想通貨SOL 、優秀機能ブロックチェーンSolanaの凄さ

仮想通貨SOL

2020年に誕生した新しい仮想通貨取引所Solana(ソラナ)はブロックチェーンアプリケーションをより高い性能で提供するプラットフォームです。そしてSolanaのブロックチェーン上でとり扱う仮想通貨をSOL(ソル)とよびます。

取引開始から約1年半の現在、仮想通貨のランキング7位まで上昇し、投資家から注目が集まっています。なぜそのように急成長してきたのか、他のブロックチェーンや仮想通貨と比較してどのような点で優れているのか、また今後も期待できるのかどうかを詳しくみていきましょう。

Solanaの取引速度

取引処理速度は他と比較して飛び抜けています。例えばビットコインの処理数は6〜7/秒、イーサリアムは13〜15/秒、リップルは4,000/秒に対して、Soranaの取引数は50,000/秒と桁違いに高速処理が可能です。

特にビットコインやイーサリアムは非常に人気のある仮想通貨のため、取引が殺到した場合に処理速度が遅くなる問題(スケーラビリティ問題)が発生することもあり問題解決にとりくんでいますが、現在段階では解決していない状況です。Solanaはこのような問題解決に取り組んできた数々のブロックチェーンの処理能力をはるかに上回る技術を持ち合わせています。

Solanaの取引手数料

他の仮想通貨に対して大幅に低コストでの提供をしています。ビットコイン15ドル、イーサリアム10〜20ドル、リップル0.0004ドルに対してSolanaは0.00005ドルと郡を抜いています。特にデイトレードや短期投資の場合は取引コストは利益に対する影響は大きくなりますので、高手数料のビットコインと比較すれば、かなりのコストダウンがで可能になります。また上記にも述べたようにスケーラビリティ問題で処理能力が遅延するだけでなく、コストが上がるという問題も同時におきていますので、取引における問題はSoranaでは心配する必要がないといえるでしょう。

仮想通貨ステーキング採用

ステーキングとは資産運用方法の一つで、簡単にいえば、仮想通貨資産をブロックチェーンネットワークに長期に預けてネットワーク維持に貢献することで配当金が貰えるというシステムです。従来の仮想通貨の運用法は、値上がりした地点で利益確定をしたり、デイトレードのようにタイミングをみて売買することで利益を得る方法が主流でした。仮想通貨はボラティリティが大きくリスクの高い資産だという見方がありますが、ステーキングサービスにより仮想通貨を低リスクで資産運用することができます。

Solanaはステーキングサービスを採用していますので、主流であったタイミングをはかる難しいトレードに比べると低リスクで資産を増やすことができます。そういった面では初心者であったり、あまり仮想通貨に詳しくないという投資家であっても、保有しているだけで利益を得ることができますので取り組みやすい運用方法だといえます。(参照:Coin post)

他のブロックチェーンと連携する相互運用性

Solanaの機能は非常に優秀で他のブロックチェーンとは比にならないほどです。現在問題になっているスケーラビリティ問題も他のブロックチェーンと相互運用することでSolanaの高機能の恩得を受けることが可能です。現在は今まで一番高性能で「ブロックチェーン開発の王様」といわれているイーサリアムとの相互運用を発表しています。今後はイーサリアム以外のブロックチェーンとの連携も計画しており仮想通貨全体に、より高度の機能とサービスの提供が可能になり、Solanaへの需要が拡大へと繋がります。

公開後の価格

2020年3月に公開されて以降の価格動向をみていきましょう。公開後1年間はあまり動きが見られませんでしたが、2021年1月あたりから高騰が始まり、9月現在も高騰が続いています。今年1月1.5ドルが今年4月48.8ドルまで上昇し、約32倍になっています。その後5月6月に下落した場面もありましたが、7月に上昇がはじまり、8月に72ドル、9月現在で155ドルあたりまで高騰しています。

今後の期待

Solanaは100以上のプロジェクトとの提携をしています。例えばSerum(分散型取引所)、Audius(ブロックチェーン利用の音楽ストリーミング)、Loan snap(ブロックチェーン利用のローンオプションアプリ)などがあります。

今年に入り価格高騰が始まって要因として、提携社のUSDT(ステーブルコイン)がSolana上でローンチされたことや、Serumがプロモーションのため新しい仮想通貨を無料配布するなどをおこなったことが一つの要因だと考えられます。

今も多くのプロジェクトがSolana上で繰り広げられていることや、Solana自らも、今非常に話題となっている「NFT」プロジェクトを立ち上げ、8月に参入を開始しています。こういった活動は今後長期に良好な影響を与え、需要の拡大とともに価格上昇が続くと予想できるのではないでしょうか。
(NFT参照:Fintech

購入法

現在は日本円での取扱いはしていませんので、まず日本取引所コインチェックなどでビットコインやイーサリアム等の仮想通貨を購入し、海外取引所でSolaコインを購入する必要があります。トラブルなどの対応は自己責任になりますのでしっかりと把握しておく必要があります。
(参照:Invest Navi Media Argo Fintech)

米国株ナビでは無料会員レポートを公開中です
下記からご覧ください

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

【DMM 株】口座開設
LINE証券

最近のコメント

    【DMM 株】口座開設
    LINE証券
    ページ上部へ戻る