Nvidia株価上昇期待

Nvidiaは世界で有数のビジュアルコンピューティングで3次元グラフィック半導体の大手企業です。ソフトウエアの開発、設計、販売し、主要パソコン向けに3Dグラフィックスを提供しています。1999年に発明したユニットGPUは、脅威の処理能力を持っており、1秒に7000種類の花の識別が可能です。

また、この製品をクラウド事業社にGPUプラットフォームとして提供し、以前よりも何倍もの速度で処理ができるとして、多くの大企業が採用しています。株の動向は今年に入り右肩上がりアップしています。先日テスラが、新しいバッテリーの開発を宣言しましたが、この電気自動車や自動運転機能にもNvidia はソフトウエアを提供しており、開発にかかわっています。

電気自動や自動運転の開発は急速に進んでおり、アメリカのカルフォルニア州では2024年から2035年にかけて、ガソリン車の販売を禁止する提案が出ています。2035年までには、全ての車が電気自動車となるでしょう。

アメリカの他の州でも同様、グローバルウォーミングに積極的に取り組み、全て電気自動車とする予定です。トラックや大型車に関してはディーゼル禁止やゼロエミッション規制を今年6月に米国カリフォルニア州大気資源委員会により決定されました。

このように、大気汚染に関して政府からの呼びかけもあり、次世代の子供の安全の為に、積極的に組み込まれています。このように、法律化してくると、電気自動車の普及は進む事になるでしょう。それに伴い、ソフトウエア、コンピュータ関連の銘柄も必然的に需要が出てくる事になります。電気自動車以外に、水素燃料自動車などが開発されていますが、先日、ニコラ自動車が発表し株が上場していましたが、現実であるのか、架空のストーリであるのか次第ですが、水素燃料に関してはまだ、時間と費用がかかる面から、電気自動車も開発と需要が先に来る事になるでしょう。事実電気自動車の価格も少しずつ下がって来ています。また、同時に、次のステップ無人自動車も開発されています。これには、Nvidiaの様な高度なシステム開発や処理能力のあるソフト,AIが必要とされ、現在色々な車製造社、トヨタ初め、メルセデス、ポルシェ、コンチネンタル等370社以上と提携しています。

アメリカの大気汚染に大きな影響を与えている車からの排気ガス削減政策でカリフォルニア州をはじめ、アメリカ全体に電気自動車は広まって行く事になります。
これらの事を考えると、Nvidiaの持っている技術は将来的に見ても、近い将来に多いに株価格の上昇が期待できる銘柄と言えます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

【DMM 株】口座開設
LINE証券

最近のコメント

    【DMM 株】口座開設
    LINE証券
    ページ上部へ戻る