アイロボット|お掃除ロボットをベースにプラットフォーム構築を目指す

[IRBT/NASDAQ]iRobot Corporation
http://www.irobot.com
業種:ハードウェア

沿革・会社概要

アイロボット【IRBT】は、米国マサチューセッツ州ベッドフォードに本拠を置く同社は、お掃除ロボットで知られる消費者向けロボット企業です。世界を変えるロボットを設計、製造しています。生活に役立つ実用的なロボットを現実のものにしたいという思いを抱いたマサチューセッツ工科大学(MIT)のロボット学者たちにより、1990年に創設されました。

コンシューマーロボットの単一事業部門からなり、顧客の家庭内外での活動に対するソリューションとなるロボットを設計および製作。消費者向けロボットには、清掃、マッピングおよびナビゲーション、人間-ロボット相互作用、および物理的ソリューションなどがあります。

セグメント情報

◎Consumer robots事業

売上(百万USD)
FY20  1,430
FY19  1,214
FY18  1,093
FY17    884
FY16    661

2002年に発売したロボット掃除機「ルンバ」は、消費者向けロボット家電の先駆けとなりました。2015年に発売されたルンバ980以降、wi-fi接続機能が付き、これによりスマホアプリ「iRobot HOME」経由での操作や、本体のソフトウェア・アップデートが可能となっています。同社がこれまで世界中で販売した3000万台の家庭用ロボットのうち、既に900万台がネットに接続され、スマートスピーカーを介した操作も可能になりました。今後は室内のデバイスをただ集めるだけではなく、システムとして組織して各家電がつながり、AIや音声・空間認識機能を持つことで、室内の様々な情報を共有することを目指しています。

直近決算情報

《FY21Q2(4~6月)7月29日発表》

売上:3億6600万USD(約400億円) 前年同期比30.6%増

純利益:-300万USD(約-3億円) 前年同期比-104.7%増 

ROE:24.0%

ROA:17.5%

PER:22.6倍

PBR:3.1倍

時価総額:2,458百万USD

(※PER、PBR、時価総額は8月2日株価より算出)

2021年第2四半期の売上は前年同期比から31%の増加したものの、純利益は105%減少しました。売上の成長は主に、北米EMEAの流通パートナーからの需要を反映したものとなっています。

会長兼最高経営責任者のコリンアングル氏は、「南部での新型コロナウイルス感染症の影響で輸送活動が混乱し、中国からの6月下旬の発注1,700万ドルが履行できませんでした。全体として当社製品に対する消費者の関心は引き続き良好です。しかし、昨今幅広い業界で混乱を招いている半導体チップの不足により、予想される下半期の注文を処理する能力が制限されています。この短期的な混乱を管理するために、チャネルと製品の組み合わせを慎重に管理することに重点を置いています。プロモーション費用や新しい代替サプライヤーの認定、在庫の最適化、およびその他のダイナミクスを反映し2021年の見通しを更新しました」と話しています。

今後の展望

2020年に、同社は設立から30周年を迎えました。CEOのコリン・アングル氏は、最新版の「ルンバs9+」発売時におこなった会見で「当社はロボットだけでなく、プラットフォームを提供する」と語り、掃除機だけではない家全体をターゲットとした同社の構想について説明しました。現在はルンバとブラーバが連携しているだけであるものの、将来的には他の家電との連携を進めていく考えです。それは例えば、高齢者の起床時間に合わせて、家の中の家電がそれぞれコーヒーと朝食を作り、照明をつけ、窓・玄関の施錠や室内の見守というような、家電がシステムとして知性を発揮する未来を構想しているということです。

《参考》
https://www.irobot-jp.com/irobot/company/profile.html
https://strainer.jp/companies/8252
https://www.projectdesign.jp/202004/digital-transformation-life/007644.php
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-07-21/QWLDBKDWRGG601
https://www.nikkei.com/article/DGXZASFL04H0Q_U1A500C2000000/
https://investor.irobot.com/news-releases/news-release-details/irobot-reports-second-quarter-2021-financial-results

米国株ナビでは無料会員レポートを公開中です
下記からご覧ください

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

【DMM 株】口座開設
LINE証券

最近のコメント

    【DMM 株】口座開設
    LINE証券
    ページ上部へ戻る