積み立てNISAは「ほったらかしでいい」は本当か?

積み立てNISA

2018年1月にスタートした投資信託を対象にした非課税制度の「積み立てNISA」。年間40万円を限度に20年間非課税で運用できる嬉しい制度ですが、巷では、積み立てNISAは始めたら「ほったらかしでいい」という声が少なからず聞こえてきます。はたして、積み立てNISAは「ほったらかしでいい」は本当なのでしょうか。積み立てNISAを「ほったらかし」にして大丈夫なのでしょうか。

資産状況の確認

いくら積み立てNISAが「ほったらかしでいい」としても、投資している資産の状況は確認しておきましょう。投資信託の基準価格やリターンなどの情報は運用会社のホームページや、口座を開設した金融機関のホームページなどで確認できますので、定期的にチェックしましょう。また、一般的な投資信託の場合、運用実績などを記した運用報告書が発行されるので、こちらもしっかりとチェックしておきましょう。

なお、金融機関によっては、ホームページで積み立てNISAの資産合計額に加え、積み立て累計月数、残り投資可能額などがリアルタイムでわかる仕組みが提供されています。

年間の積み立て予定額の確認

積み立てNISAでは、年間40万円を上限に投資出来ますが、未使用分を翌年移行に繰越すことはできません。積み立てNISAの恩恵をフルに受けるべく、可能な限り未使用分が出ないようにしたいものです。未使用分がある場合、現金や普通預金などの他の余剰資金を活用できないか検討してみてもいいでしょう。

毎月の積み立て額の確認

積み立てNISAは、20年という長期に渡って投資する制度ですが、毎月の積み立て額によって最終積み立て金額に相応の開きが生じます。また、相応のリターンが得られた場合、累計の投資金額も相応の金額になります。最初は少額でスタートしたという場合などで、昇給などで収入が増えたと言った場合、毎月の積み立て額をその都度改めて検討してみてもいいでしょう。

無駄なく積み立てNISAを最大限に活用

とどのつまり、積み立てNISAを始める場合、特に比較的少額で始める場合、その後の収入の変動や資産ポートフォリオの状況に合わせて随時見直すことがポイントです。特にETFなどに投資する投資信託の場合、20年の長期スパンにおいては、高い割合で相応のリターンが期待できます。

積み立てNISAを始めたら「ほったらかし」にせず、定期的にチェックすることを心がけましょう。そして、非課税という積み立てNISAの最大のメリットを、最大限に享受して下さい。なお、現時点では積み立てNISAの制度は2037年までとなっています。

(参照サイト)
https://media.rakuten-sec.net/articles/-/32031?page=1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

【DMM 株】口座開設
LINE証券

最近のコメント

    【DMM 株】口座開設
    LINE証券
    ページ上部へ戻る