ユーザー前年比43%増のFiverr、コロナ後はどう需要を維持する?

ファイバー

ギグ・エコノミーといった新しいワークスタイルが注目されています。新型コロナウィルス感染拡大のなか、フリーランサーの需要が増え、世界中でギグ・パフォーマーが続々と登場。ギグ・エコノミーの業界先駆者でありプロモーターであるファイバー(Fiverr)の第2四半期(4−6月期)決算について紹介していきます。

目次
1. 会社概要
2. 事業の特徴
3. 会社規模
4. 業績
5. 財務分析
6. トピック:買収後の新型コロナウィルス収束で一息か
7. 今後の業績見通し
8. まとめ

1.会社概要

FiverrInternational Ltd.(NYSE:FVRR) は、イスラエルのテルアビブに本社を置く、グローバル市場でのフリーランスのオンラインデジタルマーケットプレイスを提供する会社。フリーランサーが世界中の顧客に商品やサービスを販売するためのビジネスソリューションのプラットフォームを提供しています。

 2.  事業の特徴

Fiverrは、2010年2月にミカ・カウフマンと米国企業5社以上の創業者でレモネード保険の創設者でもあるシャイ・ウィニンガーによって設立。2010年6月Guy Gamzuなどのエンジェル投資家から100万米ドルのシード投資でスタートアップし、2012年5月と2014年8月、ベッセマーベンチャーパートナーズ、アクセルから4,500万米ドルの資金調達を経て、2019年6月ニューヨーク証券取引所上場。

フリーランサーとバイヤーのビジネスプラットフォームは、グラフィックとデザイン、デジタルマーケティング、ライティングと翻訳、ビデオとアニメーション、音楽とオーディオ、プログラミングとテクノロジー、ビジネス、ライフスタイルなど、8つの分野で500を超えるカテゴリのデジタルサービスを提供し、フリーランサーコミュニティは、380万人の顧客数と160カ国以上に広がる。

フリーランサーのサービスは商標登録した「Gig(ギグ)」と呼ばれ、最低価格5米ドルから始まり、ギグの追加料金で高額報酬となることも。Fiverr.comのオンラインサイトの取引規模は、2011年から6倍に拡大し、合計で20億ドル以上(21年5月25日現在)に達成。現在、SalesforceおよびWixとのパートナーシップ戦略を展開し、専用トレーニングプログラムでFiverrの販売者を認定。買収したWorkingNotWorking®では、Facebook、Google、Netflix、P&G、Paypalなど大手ブランド企業と提携し、エンターテインメント、メディア、マーケティングなどクリエイティブなプロジェクトの人材マッチングを行い、世界中のユニークな潜在ユーザー発掘によるビジネス拡大を狙う。

Fiverrの関連サービスとして、契約書や請求書作成、秘密保持契約、セキュリティの高いファイル交換などドキュメントを完備。AIソリューションを活用し、取引の効率化や膨大なデータ解析によるシステム改善など、オンライン上の問題を解決するeコマーストランザクションを反映したデジタルマーケットプレイスの設計を構築し、24時間年中無休のオンラインで安全性の高い取引を迅速にサポート。

Fiverr Business:ビジネスツールですべてのプロジェクト、コミュニケーション、配信、および予算を1つのダッシュボードで管理。特定の選ばれしフリーランサーとのマッチングを支援。

Fiverr Pro:Fiverrの審査によりプロフェッショナルと認定した「Pro VERIFIED」で、フリーランサーは強気の報酬設定が出来る。

Fiverr Learn:オンライン学習プラットフォーム。コンテンツは、グラフィックデザイン、ブランディング、デジタルマーケティング、コピーライティングなど。

3.  事業規模

時価総額:61億8160万ドル(2021年6月30日時点)

純資産:8億9,561万5千ドル (2021年6月30日時点)

資本金:3億4,575万ドル(2021年6月30日時点)

従業員:545人(2020年12月時点)

4.  業績

5.  財務分析

(1)成長性

第2四半期のアクティブバイヤーは、オーガニックチャネルとペイドチャネルでの強いトレンドが継続し、前年同期280万人から400万人に増加で前年比で43%増加。世界中でタレント性を発揮した多彩なフリーランサーが活躍し、話題性十分なプラットフォームに成長しました。Fiverrビジネスは、発売からわずか半年程度で、コアマーケットプレイスビジネスの5%となりましたが、今後は人材マッチングと報酬レンジの調整がカギとなりそうです。今期は昨年に引き続き新型コロナウィルス感染拡大の恩恵を受け、単発のギグ・エコノミーやフリーランサーが急増し、売上に寄与しました。新型コロナウィルス感染収束に伴い、経済環境が平常に戻れば、ギグの需要後退とフリーランサーの活動も鈍化する可能性があり、一過性の需要か否か今後の成長持続性において今期が正念場と言えそうです。

(2)収益性

第2四半期の売上高は7,530万ドル、前年同期比で60%増加。売上総利益率は83.4%(非GAAPは84.4%)、前年同期比83.1%から30bpt増加。調整後EBITDAは 740万ドルで前年同期の310万ドルから倍以上に改善。調整後EBITDAマージンは9.8%、前年同期比6.7%から310bptの改善。売上が先行し売上高利益率は高いが、営業コスト増が続き、研究開発2,010万ドル、セールスとマーケティングが3,820万ドルと重く、純損失△13.3百万ドル、希薄化後1株当たり△0.37ドルと米国SaaS企業特有の営業利益を全てコストに回す傾向と同様の財務状況。決算発表後のPSRは24.45倍、成長余地のある米国SaaSの平均的なPSRは25倍とほぼ平均的といえますが、多少の割高感があるとも。

(3)安全性

流動比率は329%、負債比率は105.5%とユーザーアカウントによる負債も2,170万ドルの増加となりほぼ横ばいで推移しています。前期からの転換社債の保有と上場後の新株発行での資金調達は継続しています。自己資本比率は第2四半期決算時点で38.6%、最近の株価下落も受けて不安定さも残りますが、直近の機関投資家の株主数は増加しており、買い支えは継続しそうです。

 6.  トピック:買収後の新型コロナウィルス収束で一息か

Fiverrは2019年上場前から、事業関連会社の買収を続けています。17年はビデオ制作マーケットプレイスのVeedMe、18年はフリーランサー向けソフトウェアのメーカーであるAND.CO、19年はプレミアムサブスクリプションベースのコンテンツマーケティングプラットフォームのClearVoice、20年はソーシャルメディアマーケティング、検索、SEO、ブランドおよびコンテンツマーケティングを専門とするブティックデジタルマーケティングエージェンシーのSLTConsulting、21年はクリエイティブタレントマーケットプレイスWorking NotWorkingを買収と、5社の買収をしています。これにより、プラットフォームの増強から収益化の拡大に繋がり、2019年6月に上場した当時の公募価格21ドルからは約8倍ほど株価は上昇し、株価は170ドル前後となりました。新型コロナウィルス感染以降、米国企業の45%以上がフリーランスの人材への投資を増やしています。Fiverrの考える米国市場でのTAM(獲得可能な最大市場規模)は、1,150億ドルを想定しています

Fiverrの創設者兼CEOであるミカ・カウフマンは、「より多くの買い手と売り手がデジタルサービス経済に参加できるようにする強力な企業にするための投資をしていきます。」Fiverrの社長兼CFOであるOferKatz氏は、「私たちのビジネスは、市場シェアを拡大​​し、長期的な戦略的イニシアチブを実行し続けているため、すべての指標で引き続き強力な結果をもたらしています。不確実な環境をうまくナビゲートするのに適した位置にあります。」とビジネスが好調であることをコメントしています。

7. 今後の業績予想

Fiverrは、21年第3四半期と21年通年の財務見通しを発表しています。

「当社のファンダメンタルズは引き続き非常に強力であり、パンデミック前よりもはるかに強力です。しかし、(新型コロナウィルス感染収束後)のオンライン活動の減少は、消極的な新規顧客コホートと休暇中の人々の活動の減少につながります。」と、見通しを引き下げた理由についてコメントをしています。

 2021年第3四半期2021年度
収益68.0〜72.0百万ドル280.0〜2億8800万ドル
前年比成長30〜38%48〜52%
調整されたEBITDA250万ドルから350万ドル12.0〜1400万ドル

Fiverrは、同社が21年通期ガイダンスを発表後、株価は前日の終値230.58ドルから168.52ドルまで26.9%下落しました。8月12日現在、株価は172.08ドルで推移しています。

アナリスト予想

The Goldman Sachs Group 買い $296.00 ➝ $257.00

UBS Group 売り $190.00 ➝ $205.00

Bank of America 買い $140.00 ➝ $200.00

JPMorgan Chase & Co. オーバーウエイト ➝ ニュートラル  $77.00

Royal Bank of Canada アウトパフォーム $235.00 ➝ $200.00

Fiverr International Price Target, Predictions & Analyst Ratings

https://www.marketbeat.com/stocks/NYSE/FVRR/price-target/

8. 参考リンク

・Fiverr HP
https://www.fiverr.com/
https://www.fiverr.com/news/working-not-working-acquisition
https://www.fiverr.com/news/fiverr-business-research-2021

・2021年第2四半期
https://investors.fiverr.com.
https://investors.fiverr.com/press-releases/press-releases-details/2021/Fiverr-Announces-Second-Quarter-2021-Results/

・FVRR Financial Summary
https://www.investing.com/equities/fiverr-international-ltd-financial-summary

・Top 10 Owners of Fiverr International Ltd
https://money.cnn.com/quote/shareholders/shareholders.html?symb=FVRR&subView=institutional

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

【DMM 株】口座開設
LINE証券

最近のコメント

    【DMM 株】口座開設
    LINE証券
    ページ上部へ戻る