ハーマン・ミラー|オフィスやホームを快適に彩るインテリア家具を提供

ハーマン・ミラー
[MLHR/NASDAQ]Herman Miller, Inc. 
https://www.adobe.com
業種:家具・装飾・電気機器

ハーマン・ミラーの沿革・会社概要

ハーマン・ミラー【MLHR】米国ミシガン州ジーランドに拠点を置く、世界各地でインテリア家具の研究、設計、製造、販売、および卸売を手掛ける企業です。米国を本拠地としており、北米、アジア太平洋、欧州、中東、ラテンアメリカにオフィスを構えています。製品は、自社あるいは独立系契約家具ディーラー、直接販売、自社および独立系小売業者、ダイレクトメールカタログ、自社の運営するオンラインストアなど、さまざまなチャネルを通じて販売。なかでも、独立系小売販売部門が全社売上高の大部分を占めます。

セグメント情報

◎Seating事業

売上(百万USD)
FY20  1,042
FY19  1,014
FY18    966
FY17    895
FY16     -

同社のアーロンチェアは人間工学に基づいて、体のラインにフィットした、快適な座り心地が主にワークチェアとして世界中評価されています。ほかにも、ソファやリラックスチェアは、すべて座り心地を追求した機能性に優れたものばかりです。同社が得意とするモダン家具のアイコンとして有名なココナッツチェアは、1955年に誕生して以来発泡ゴムを使ったしなやかに包み込む座り心地が人気となっています。

◎Systems事業

売上(百万USD)
FY20    589
FY19    668
FY18    602
FY17    639
FY16     -

カジュアルな仕事の仕方をサポートし、デスク、動き回るスペース、グループエリアのすべてを一貫したデザインでまとめ、快適なオフィスシステムを提供しています。

◎Freestanding and storage事業

売上(百万USD)
FY20    497
FY19    505
FY18    465
FY17    429
FY16     -

100年以上にもわたって愛され続けているのは、その卓越したデザイン性と機能性を兼ね備えた家具収納家具、インテリアを提供しています。

◎Other事業

売上(百万USD)
FY20    220
FY19    267
FY18    254
FY17    316
FY16     -

その他売上です。

◎Textiles事業

売上(百万USD)
FY20    139
FY19    114
FY18     94
FY17     -
FY16     -

建築家としての教育を受けながら、あらゆる方面の活動に優れた手腕を発揮したアレキサンダー・ジラード氏がデザインディレクターを務めるテキスタイル部門です。ニューメキシコ州サンタフェのスタジオから送り出された、300を超えるさまざまな配色のテキスタイルを使用し、幅広いファニチャー、オブジェ、スクリーンプリントの装飾パネル、テキスタイルを提供しています。

直近決算情報

《FY21Q2(3~5月)6月28日発表》
売上:6億2200万USD(約690億円) 前年同期比30.6%増
純利益:700万USD(約8億円) 前年同期比104.3%増 
ROE:-0.9%
ROA:-0.4%
PER:16.1倍
PBR:3.3倍
時価総額:2,771百万USD

(※PER、PBR、時価総額は6月28日株価より算出)

2021年第4四半期決算は、売上が前年同期比30%増の6億2150万ドルで、ファクトセットがまとめたアナリスト予想の5億8300万ドルを大きく上回りました。また、前年同期の1億7370万ドルの赤字から純損益が740万ドルの黒字に転換しました。その背景として、米国やカナダでのオフィス向け家具の需要回復が寄与しています。なかでも、オフィスや教育機関、医療機関などの施設を対象とした事業部門の受注高は前期比で約21%増加しました。

ハーマン・ミラーの今後の展望

同社は、18億ドル相当の現金および株式取引で20世紀モダンデザインを体現する家具ブランド「Knoll」の買収を発表。この買収により、19の主要ブランド、世界100か国以上のプレゼンス、グローバルディーラーネットワーク、世界中に64のショールーム、50以上の実店舗、グローバルマルチチャネルeコマース機能を兼ね備えることになります。

社長兼最高経営責任者のアンディ・オーウェン氏は、「この取引は、強力なビジネス、魅力的なポートフォリオ、長い変革史を持つデザインのパイオニアアイコンである両社を結びつけます。同時に、消費者は自分の家に多額の投資をしています」

また、販売管理費、サプライチェーン、調達、およびロジスティクスの節約を加速し、統合されたビジネス全体で大きな収益シナジーを生み出すことに期待されています。

《参考》
https://strainer.jp/companies/8076
https://www.hermanmiller.com/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

【DMM 株】口座開設
LINE証券

最近のコメント

    【DMM 株】口座開設
    LINE証券
    ページ上部へ戻る