オラクル|今後ますます重要度が高まるビックデータを扱うソフトウエア企業

オラクル ORCL
[ORCL/NYSE]Oracle Corporation
http://www.oracle.com
業種:ソフトウェア

オラクルの沿革・会社概要

オラクル【ORCL】米国・カリフォルニア州で創業し、現在はテキサス州に本拠を置く、民間法人や公的機関を対象とするビジネス用途に特化したコンピュータ用ソフトウェアの開発、製造、販売、保守をおこなうソフトウェア会社です。1977年にラリー・エリソンにより設立されました。データベース・テクノロジーやエンタープライズ・リソーシズ・プランニング(ERP)ソフトウエアを世界中の企業に提供。1977年に設立、SQLベースの最初の市販リレーショナル・データベース管理システム(RDBMS)を開発した先駆的企業として、世界175カ国に43万の顧客を有しています。

オラクルのセグメント情報

◎Cloud and license事業

売上(百万USD)
FY20  32,523
FY19  32,582
FY18  32,444
FY17  30,218
FY16  28,988

サービスとしてのソフトウェア(SaaS)及びサービスとしてのプラットフォーム(PaaS)を含むクラウドソフトウェアとオンプレミスソフトウェア事業、クラウドインフラストラクチャ(IaaS)事業、並びにソフトウェアライセンスの更新と製品サポート事業を含みます。

同社が提供するホスト、管理、アップグレード、サポートに対して、ユーザーが一定期間のサブスクリプション契約を締結。同社のSaaS製品は、SQL、Java、HTML5などのオープンな業界標準に基づいて構築されており、アプリケーションへのアクセス、統合、および開発を容易にするプラットフォームです。

◎Hardware事業

売上(百万USD)
FY20   3,443
FY19   3,704
FY18   3,993
FY17   4,152
FY16   4,668

ハードウェア製品とハードウェアサポート2つの事業区分を含みます。

◎Services事業

売上(百万USD)
FY20   3,106
FY19   3,240
FY18   3,394
FY17   3,358
FY16   3,391

コンサルタントサービス、強化されたサポートサービス及び教育サービスなどの活動を含みます。

直近決算情報

《FY21本(3~5月)6月16日発表》
売上:112億2700万USD(約1兆円) 前年同期比7.5%増
純利益:40億3200万USD(約4455億円) 前年同期比29.4%増 
ROE:158.8%
ROA:11.2%
PER:17.2倍
PBR:41.8倍
時価総額:219,353百万USD

(※PER、PBR、時価総額は6月28日株価より算出)

第4四半期決算では、総売上高は8%増でアナリスト予想は110億4000万ドルを上回る112億3000万ドルでした。また純利益は29%増加したた一方で、今四半期の利益見通しが市場予想を下回たため、株価は引け後の時間外取引で株価は4.5%下落しました。

同社は主力のクラウド事業で競合のマイクロソフトやアマゾン・ドット・コムに追いつくため、2022年度のクラウド部門への設備投資を40億ドル近くに倍増させる計画で、この設備投資が重しとなることが要因となっています。サード・ブリッジのアナリスト、スコット・クレスラー氏は、「同社がクラウドインフラ大手と見なされるには、まだ多くの課題が残る。最大の課題の一つはクラウド事業に力を入れているにもかかわらず、売り上げの伸びが小さい点だ」と述べています。

オラクルの今後の展望

IT業界がクラウド化への急速な流れが起きているなか、データベースも同様に従来の物理サーバー上に構成されたデータベースからクラウドへの移行が進んでいます。また、徐々に増えつつあるIoT(さまざまなものがインターネットにつながる、物のインターネット)もデータベースの変革に大きな影響を与えています。

IoT機器によって集められた膨大なデータや、インターネット上に蓄積されたデータは、ビッグデータと呼ばれ、たとえば渋滞予測や気象予測などのライフスタイルに直結するデータとして使用する研究が行われています。ここでもデータベースは大きな役割を果たしているのです。そんななか、同社も。Oracle Cloudを提供するだけでなく、Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azureなど各社のクラウドとの連携もおこなっています。

今後ますますビッグデータの利活用など業界での大きな変化、そしてさらなるデータベースの需要が拡大することを見越し、同社はより重要な役割を担っていくことになりそうです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

【DMM 株】口座開設
LINE証券

最近のコメント

    【DMM 株】口座開設
    LINE証券
    ページ上部へ戻る