ソフトウェア開発者のためのソフトウェアを開発するアトラシアンという会社

ソフトウェア開発者のためのソフトウェアを開発するアトラシアンという会社

アトラシアンという会社をご存知ですか?アトラシアンはシドニーに拠点を置く、オーストラリアのソフトウェアメーカーです。アトラシアンはエンドユーザー向けのソフトウェアではなく、ソフトウェア開発者やプロジェクトマネージャー向けのソフトウェアのメーカーです。株価も好調なアトラシアンをご紹介します。

アトラシアンという会社

アトラシアン(Atlassian, NASDAQ:TEAM)は、2002年にニューサウスウェールズ大学の学生マイク・キャノン・ブルックスとスコット・ファーカーが設立したソフトウェアメーカーです。会社設立資金の1万ドル(約85万円)は、二人のクレジットカードでキャッシングして作ったそうです。

アトラシアンの主力製品の一つはJira(ジラ)というプロジェクトマネジメントソフトウェアです。他のプロジェクトマネジメントソフトウェアと同様、メンバーやタスクをアカウントベースで管理するソフトウェアで、現在進行中のタスクを管理者がリアルタイムで一元的に管理できます。プロジェクトの進捗状況やメンバーのタスク消化率なども可視化できるので、非常に便利です。また、バグ追跡機能やレポート機能もついており、プロジェクト全体の作業効率向上が期待できます。

コラボレーションツール「Confluence」

コラボレーションツール「Confluence」(コンフルエンス)もアトラシアンの別の主力製品です。アトラシアンによると、Confluenceは知識を集めて共同作業するためのワークスペースで、いわゆるナレッジマネジメントソフトウェアの一つです。一般的に、企業の中にはナレッジマネジメントが要求されるシーンが少なくありません。新入社員向け教育、新製品開発、カスタマーサポート、マーケティング計画策定等々、枚挙に暇がありません。

Confluenceを使えば、メンバーは自分のブログページを簡単に作成でき、ノウハウを他のメンバーと共有することが可能になります。また、マクロやウィジェットなどの機能も豊富で、インターフェースもわかりやすいと評判です。

株価も順調に推移

そんなアトラシアンの株価ですが、順調に推移しています。本記事執筆時点(2021年7月5日)、アトラシアンの株は262.72ドルで取引されています。1年前の2020年7月16日の株価は171.24ドルですので、株価上昇率は53.4%になります。好調な株価を反映して、現時点の同社の時価総額は656億9600万ドル(約7兆2265億円)に達しています。

なお、アトラシアンは他のソフトウェアメーカーと違い、広告宣伝費にほとんどお金を使わないことで知られています。現在、アトラシアンのユーザーは全世界に17万いるとされますが、ほとんどユーザーによる口コミと紹介だけでその数に達したのです。それだけ製品のクオリティに自信を持っているのでしょう。オーストラリアの優良企業アトラシアンに今後も注目です。

(参照サイト)

https://www.atlassian.com/software/jira
https://offers.jp/media/sidejob/knowhow/a_550
https://finance.yahoo.com/quote/TEAM/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

【DMM 株】口座開設
LINE証券

最近のコメント

    【DMM 株】口座開設
    LINE証券
    ページ上部へ戻る