大型・中型の金鉱株へ投資するGDX、GDXJというETF

DX,GDXJ,ゴールド,ETF

金の価格が値上がりを続ける中、金鉱株へ投資する金鉱株ETF(上場投資信託)が人気を集めています。中でもGDXとGDXJは、純資産総額それぞれ180億ドル(1兆9800億円)、64億2000万ドル(約7062億円)の、大型ETFです。本記事では、GDXとGDKという、二つの金鉱株ETFをご紹介します。

GDXについて

GDX、正式名称ヴァンエック・ベクターズ・ゴールドマイナーズETF(VanEck Vectors Gold Miners ETF)は、ヴァンエックが組成・運用している金鉱株ETFです。ヴァンエックは1955年設立の、ニューヨークに拠点を置く投資管理会社で、主にミューチュアルファンドやETFなどの金融商品を多数開発し、運用しています。1955年に世界初のゴールドエクイティ・ミューチュアルファンドを開発した、ゴールド投資の世界では老舗と言っていい企業です。

そのGDXですが、金鉱株54銘柄へ投資しています。保有比率が高い順から挙げると、ニューモント・コーポレーション(12.99%)、バリックゴールド(12.25%)、フランコ・ネバダ(7.30%)、ウィートン・プレシャスメタルズ(5.63%)、ニュークレスト・マイニング(4.98%)となっています。上位10銘柄で保有比率が62%に達する、正真正銘の金鉱株ETFです。

GDXJについて

GDXJ、正式名称ヴァンエック・ベクターズ・ジュニアゴールドマイナーズETF(VanEck Vectors Junior Gold Miners ETF)も、ヴァンエックが組成・運用している金鉱株ETFです。GDXとの違いは、GDXが比較的大型の金鉱株へ投資しているのに対し、GDXJは、その名の通り小型の金鉱株へ投資している点です。

GDXJは80銘柄に投資していて、保有比率が高い順から挙げると、ゴールドフィールド(6.27%)、キンロスゴールド(6.14%)、ノーザンスター・リソーシス(5.36%)、パンアメリカン・シルバー(5.34%)、エボルーション・マイニング(4.78%)となっています。上位10銘柄の保有比率は45%と、GDXよりも分散性が若干高くなっています。

カナダ、アメリカ、オーストラリアへの投資が大半、リターンは好調

GDXとGDXJに共通する点として、カナダ、アメリカ、オーストラリアへの投資が多いことが挙げられます。GDXの場合、その三国への投資で全体の89.94%に達しています。GDXJも、全体の80.1%に達しています。

なお、両者ともにパフォーマンスは好調です。1年リターンはGDXが48.0%、GDXJが47.9%となっています。5年リターンではGDXが25.4%、GDXJが27.2%となっています。経費率はGDXが0.52%、GDXJが0.53%と、他の金鉱株ETFよりも若干高めですが、配当利回りはGDXが0.46%、GDXJが0.28%と、他の金鉱株ETFと比べても遜色ない数字となっています。

金の価格は、2015年末に一次1オンス1100ドルを割りましたが、その後乱高下しながら値上がりを続けています。金の値上がりトレンドは、今後もまだ続きそうな勢いですが、それと併せて金鉱株ETFへの投資を検討してみるのもいいかも知れません。

(参照サイト)

https://www.vaneck.com/us/en/investments/gold-miners-etf-gdx/
https://www.vaneck.com/us/en/investments/junior-gold-miners-etf-gdxj/
https://goldprice.org/gold-price-charts/10-year-gold-price-history-in-us-dollars-per-ounce

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

【DMM 株】口座開設
LINE証券

最近のコメント

    【DMM 株】口座開設
    LINE証券
    ページ上部へ戻る