ズオラ|販売の過程をスムーズにするサブスクリプションモデルの導入をサポート

zuora
[ZUO/NYSE]Zuora Inc.
https://www.zuora.com
業種:ソフトウェア

沿革・会社概要

米国カリフォルニア州のシリコンバレーに本社を置く、サブスクリプション管理プラットフォームのリーディングプロバイダです。見積もり、請求、回収、分析、売上の計上など、サブスクリプション型ビジネスの受注から収益化までのプロセスを自動化するインテリジェント・サブスクリプション・マネジメント・ハブとして機能するZuora Centralプラットホームを提供し、さまざまな業界の事業をサブスクリプション型ビジネスへの移行を実現することを可能にします。

主な製品には、Zuora Billing、Zuora RevPro、Zuora CPQ、およびZuora Collectがあり、ソフトウエア、ハードウエア、メディア、輸送、建築、ヘルスケア、教育、小売、モノのインターネット(IoT)など、世界中のさまざまな産業に製品を提供しています。現在は、収益の大半を米国から生み出されていますが、2015年8月には、日本法人であるZuora Japan株式会社を設立するなど、世界進出も進んでいます。

セグメント情報

Subscription事業

売上(百万USD)
FY20 207
FY19 169
FY18 120

同社のプラットフォームは、サブスクリプションのビジネスモデルに特化して設計されています。Financial Times、Schneider Electric、Box、Honeywell、NCR、RTL、lynda.com、The Guardian、YP.com、BlueJeans、Shutterfly、TripAdvisor、Vivint、Truliaなど数多くの有名企業が採用。日本でも、リコー、NEC、ソフトバンク、ゼネラルエレクトリック、freee、弥生、チームスピリット、トリップアドバイザー、ダイヤモンド社 、弁護士ドットコムなどが採用しています。

また、政府が採用するレベルの暗号化技術によってデータを保護するなど、セキュリティ面についても力を入れています。

Professional services事業

売上(百万USD)
FY20 70
FY19 66
FY18 48

企業がサブスクリプション導入を成功させるためのプロフェッショナルサービス事業となっています。

直近決算情報

《FY21Q4(11~1月)3月11日発表》
売上:7900万USD(約8674億円) 前年同期比12.6%増
純利益:-1900万USD(約-2086億円) 前年同期比20.9%増 
ROE:-43.5%
ROA:-17.8%
PER:-倍
PBR:10.6倍
時価総額:1,814百万USD
(※PER、PBR、時価総額は4月6日株価より算出)

総収益は前年比13%増加、通期では前年比11%増加しました。うち、サブスクリプション収益は前年比で19%増加し、通年では前年比で17%増加しました。年間契約額(ACV)が10万ドル以上の顧客は、676人と前年比8%に増加しています。Zuoraソリューションの顧客の使用は増加し、課金プラットフォームを介したトランザクション量は170億ドルと前年比で30%増加。非GAAPベースの営業損失は180万ドルでしたが、2020年度第4四半期の非GAAPベースの営業損失は1050万ドルでした。

同社はこの発表で、2022年第1四半期の総収入を78万ドル~80万ドル、通期を335百万ドル~3億3700万ドル。サブスクリプション収益は63百万~65百万ドル、通期で2億7200万~2億7600万ドル。事業からの非GAAP損失は-5万ドル~-450万ドル、通期で-12万ドル~-8万ドルと予想しています。

今後の展望

2021年3月には、Zuora CentralPlatformを搭載した「ZuoraCollectAI」を発表しました。このサービスは、支払いに影響を与える最新の傾向を導き出すために、15項目以上のトランザクションの特性を調べ、毎日新しいデータを取り込む機械学習を活用したサービスです。サービスを使用することで、企業はすぐにパッシブチャーンを最小化し、経常収益を最大化することができます。

顧客である、ソフトウェア会社rankingCoachのCEOダニエル・ウェット氏は、「Zuora Collect AIを活用することで、より多くの収益を回復することに成功しました。ルールベースの支払い再試行に終止符を打ち、すべての顧客に適応する機械学習に置き換えています。わずか2か月で、すでに18%増加しています」と話しています。このように、新サービスを投入等を通じて、さらなる顧客の成長を促して同社自身も成長を加速していきます。

《参考》
https://strainer.jp/companies/13107
https://subscription-lab.com/column/start_up/1166/
https://investor.zuora.com/financial-news/press-release-details/2021/Zuora-Reports-Fourth-Quarter-and-Full-Year-Fiscal-2021-Results/default.aspx
https://www.zuora.com/2020/04/08/subscription-impact-report-covid-19-edition/
https://bizzine.jp/article/detail/4572

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

【DMM 株】口座開設
LINE証券

最近のコメント

    【DMM 株】口座開設
    LINE証券
    ページ上部へ戻る