コカ・コーラ|世界的に圧倒的な人気と知名度を誇る清涼飲料メーカー

コカ・コーラ
[KO/NYSE]The Coca-Cola Company
https://www.coca-colacompany.com
業種:飲料(ノンアルコール)

沿革・会社概要

コカ・コーラ【KO】米国・アトランタに本社を置く、世界最大のノンアルコール飲料会社です。社名にもなっている「コカ・コーラ」は、1886年に薬剤師のジョン・ペンバートン氏によって発明されました。1889年にAsa Griggs Candler氏がコーラの権利を取得し、1892年にコカ・コーラ・カンパニーを設立。

1972年にニューヨーク証券取引所に上場しています。コカ・コーラもほかに、ファンタ、スプライトなどの主要炭酸飲料ブランドや、ミニッツメイド、ジョージアコーヒー、グラソーなどの非炭酸飲料ブランドを持ち、販売しています。現在はブランド以外に、も500以上のノンアルコール飲料製品を200カ国以上で販売。売上高の大半を米国外の主要市場には、メキシコ、ブラジル、日本などの海外で生み出しています。

セグメント情報

Concentrate operations事業

売上(百万USD)
FY20 18,582
FY19 20,496
FY18 20,388
FY17 18,059
FY16 16,745

濃縮液、シロップ、および特定の完成飲料を認可されたボトリング事業者に販売することで、純営業収益を得ています。ボトリング事業が濃縮物と甘味料、静止水または炭酸水を組み合わせたり、シロップと静止水または炭酸水を組み合わせたりして、完成飲料を製造。完成した飲料は、The Coca-Cola Companyの商標またはThe Coca-Cola Companyにライセンスを付与された商標が入った缶、詰め替え可能なガラス瓶やプラスチックボトルなどの認可された容器に包装されて販売されています。また、ボトリング事業者は濃縮液を使用したファウンテンシロップの製造を許可されているため、これを小売店に販売しています。

Finished product operations事業

FY20 14,43
FY19 16,770
FY18 11,468
FY17 17,351
FY16 25,118

発泡性清涼飲料水や、水、強化水、スポーツドリンク、ジュース、乳製品、植物性飲料、お茶、コーヒー、エナジードリンクなどの各種完成品の非アルコール飲料を、小売業者、または小売業者に販売する流通業者や卸売業者に販売する事業です。一般的に、完成品事業は濃縮液事業に比べて、純営業収益は高くなるものの、売上総利益率は低くなります。

直近決算情報

《FY21Q1(1~3月)4月19日発表》
売上:90億2000万USD(約9858億円) 前年同期比5%増
純利益:22億5000USD(約2459億円) 前年同期比-23%増 
ROE:37.5%
ROA:7.8%
PER:325.倍
PBR:11.5倍
時価総額:155,784百万USD
(※PER、PBR、時価総額は4月26日株価より算出)

2021年1Qの決算は、売上高が5%増の90億2000万ドルでリフィニティブがまとめたアナリスト予想平均の86億3000万ドルを上回りました。新型コロナウイルスの感染症の拡大を受けて、娯楽施設や外食産業向けの需要が本格回復しておらず、主力の米国や欧州で需要が伸び悩びました。一方で、中国やインド、南米など新興国の感染拡大抑制策緩和を背景に売り上げが増加して増収を確保しました。

CEOのジェームズ・クインシー氏は「今後も各地でロックダウンの可能性が予測できない半面、ワクチン接種の進展で経済が再開した市場では事業が改善しています。特にワクチン接種が進み、経済活動が再開されている地域での業務の改善に勇気付けられます」と述べています。

同社は今期、米内国歳入庁(IRS) と過去の納税について係争中で、最大120億ドルまでの追徴金支払いの可能性があります。

今後の展望

2022年に、主力の米国市場で「ハードセルツァー」と呼ばれるアルコール入り炭酸飲料の売り出しを開始。新型コロナウイルス流行で自宅での飲酒需要が増えています。米国のハードセルツァー市場は急成長しているため、そこの商機獲得を狙っていく構えです。健康志向による炭酸飲料離れが経営の逆風のなか、「清涼飲料の巨人」である同社が地盤の米国でもアルコール飲料で成功できるのかが注目されます。

ハードセルツァーはアルコール度数が3~5%程度で、ビールと比べて低カロリーになっています。レモンやライムの風味があり、健康志向の若い世代を中心に支持が広がっています。

《参考》
https://strainer.jp/companies/4253
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN19B7E0Z10C21A4000000/
https://news.yahoo.co.jp/articles/564f8bede82a55da114d88808143ad71622fb3c7
https://www.sankeibiz.jp/business/news/201016/bsd2010162000007-n1.htm

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

【DMM 株】口座開設
LINE証券

最近のコメント

    【DMM 株】口座開設
    LINE証券
    ページ上部へ戻る