ヴィーガン御用達のBeyond Meat株は将来どうなるか

ビーガンやベジタリアンが増えるにつれ、Beyond Meat製品の需要が高まってきています。2009年に設立し、2018年にNASDAQに上場、それ以降、右肩あがりで順調に上昇しています。

ビーガンやベジタリアンだけではなく、環境問題に強く取り組んでいる投資家達もBeyond Meatに出資しています。例えばビルゲイツは、ビーガンでもベジタリアンでもありませんが、肉の消費を減らす事が環境問題に繋がるとしてBeyond Meat だけではなく、その他のベジタリアン製品会社に投資をしています。

では、商品はどのような物かと言うと、ビーフパテ、フライドチキン、ソーセージはすでに販売されていて、ベーコンは現在研究中です。中でも、人気商品がバーガーパテで、この商品は言われなければお肉ではないと気づかないくらいお肉に近い味の商品です。健康面では、お肉を減らす事で慢性疾患のリスクが下がる事も良い点です。このベジタリアンパテでどのくらいの環境問題改善につながるのでしょうか?

まずは、温室効果ガスの減少で、普通のお肉のパテ製造過程では車で18Km程走るくらいのガスが出ますが、エコカーに買い替えるより、パテを1枚これに変更すれば地球温暖化対策になるのです。畜産の総合温室効果ガスは車や、飛行機全ての交通機関から産まれる排気ガスに比べてもまだ多いのです。

また、畜産の水量の使用は大量消費で、毎年約600億の家畜が人間の食料の為育てられています。これは、全人類が消費する何万倍もの水量にあたいすると言う事です。この家畜をする為に、森林伐採もされ、自然破壊は家畜の為に莫大な影響を与えています。

ある研究では、環境問題対策で牛肉の不足がこの先将来出るため、ラボ肉と呼ばれる、細胞を培養した人工肉が研究されています。今の段階では、まだ商品化はされていませんが、近い将来、スーパーに並ぶ事になるでしょう。
このように莫大な環境問題に直面している事を考えると、こういった活動に真剣に取り組む投資家達は注目して行く銘柄だと言えます。

先にも述べたように、ビルゲイツも資金援助し、ハリウッド俳優のレオナルドディカプリオも、この環境問題に取り組み、出資しています。時間はかかりますが、長期的にみて、世界的にグローバルワーミング問題に取り組んで行く時期に直面している事は確実です。ビヨンドミートやその他お肉を使わない製品に取り組む研究社は長期投資銘柄として注目していくべき銘柄の一つといえるでしょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

【DMM 株】口座開設
LINE証券

最近のコメント

    【DMM 株】口座開設
    LINE証券
    ページ上部へ戻る