どこが狙い目か?お勧め大麻関連銘柄6選

大麻株

先日、別の記事でカナダの大麻生産業者サンダイアル・グローワーズをご紹介しました。大麻の合法化がトレンドになっているアメリカ・カナダでは、多くの「大麻関連企業」が事業を展開し、複数の企業が米国株式市場へ上場しています。本記事では、投資先としてお勧めの大麻関連銘柄6選をお伝えします。

ティルレイ

ティルレイ(Tilray, NASDAQ:TLRY)は、カナダ・トロントに拠点を置く医療用大麻・大麻関連医薬品のメーカーです。2014年の設立で、2018年にアメリカへ医療用大麻を輸出したカナダ初の「製薬会社」です。設立当初は医療用大麻の生産をメインに行っていましたが、2018年のカナダの大麻合法化により、同年から娯楽用大麻の販売を開始しています。同社は2018年7月にNASDAQに上場した初の「大麻関連企業」でもあります。

ティルレイは、昨年2020年12月にカナダの同業企業のアフリアと合併し、世界最大規模の大麻・大麻関連製品メーカーになっています。なお合併会社の株は、現在もNASDAQでTLRYのティッカーシンボルで取引されています。

イノベーティブ・インダストリアル・プロパティーズ

イノベーティブ・インダストリアル・プロパティーズ(Innovative Industrial Properties, NYSE:IIPR)は、2016年設立の不動産投資信託(REIT)です。同社は大麻生産施設に特化した世界初の不動産投資信託です。大麻生産業者が保有する生産施設を買い取り、リースバックするセール・アンド・リースバックなども行っています。

同社はこれまでに全米の67施設へ投資し、家賃収入などを株主へ還元しています。大麻生産市場は黎明期にあるため、同社の投資先は今後もさらに増えると期待されています。

オーロラ・キャナビス

オーロラ・キャナビス(Aurora Cannabis, NYSE:ACB)は、カナダ・エドモントンに拠点を置く医療用大麻・大麻関連製品のメーカーです。設立は2006年と古く、大麻関連企業としては「老舗」と言っていいでしょう。年間625トンもの大麻を生産する大規模生産業者です。同社の製品はアメリカ・カナダのほか、全世界25カ国へ輸出されています。なお、同社の株はニューヨーク証券取引所に加え、トロント証券取引所でも取引されています。

クレスコ・ラボ

クレスコ・ラボ(Cresco Labs, OTCQX:CRLBF, CSE:CL)は、シカゴに拠点を置くアメリカの医療用大麻生産業者です。2013年の設立で、医療用大麻が合法のカリフォルニア州、アリゾナ州、ニューヨーク州などへ製品を供給しています。オピオイド(麻薬性鎮痛薬)中毒が社会問題化しているアメリカ各州で、オピオイド代替プログラムなども提供しています。多くのカナダ企業が群立している大麻市場において、アメリカを代表する大麻生産業者として存在感を示しています。同社の株は、米OTC市場と、カナダ証券取引所で取引されています。

クロノス・グループ

クロノス・グループ(Cronos Group, NASDAQ:CRON)は、カナダ・トロントに拠点を置く医療用大麻・大麻関連製品のメーカーです。2012年の設立で、医療用大麻に加え、複数のブランドの娯楽用大麻を製造しています。同社にはタバコ製造大手アルトリアが出資し、発行済み株式の45%を有する大口株主になっています。アルトリアから調達した潤沢な資金を用い、世界的なサプライチェーンを構築し、他社と差別化しています。

キャノピー・グロース

キャノピー・グロース(Canopy Growth, NYSE:CGC)は、カナダ・オンタリオに拠点を置く医療用大麻・娯楽用大麻の生産業者です。2013年設立で、大麻生産業者としては世界最大規模の生産量を有しています。同社にはアメリカの酒類製造大手コンステレーション・ブランズが出資し、発行済み株式の38%を有する大口株主になっています。同社はカナダ国内での大麻生産に加え、スペイン、ドイツ、ブラジル、オーストラリアなどにおいても大麻関連事業を展開しています。

(参照サイト)
https://www.kiplinger.com/investing/stocks/stocks-to-buy/601667/best-marijuana-stocks-to-buy-for-2021
https://www.tilray.com/
https://innovativeindustrialproperties.com/iip-ourportfolio/https://innovativeindustrialproperties.com/
https://www.auroramj.com/
https://thecronosgroup.com/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

【DMM 株】口座開設
LINE証券

最近のコメント

    【DMM 株】口座開設
    LINE証券
    ページ上部へ戻る