コストコ|コロナ禍でEコマースが急成長を見せる会員制大型量販店チェーン

コストコ
[COST/NASDAQ]Costco Wholesale Corporation
https://www.costco.com
業種:小売(景気非連動)

沿革・会社概要

コストコ【COST】は、高品質な優良ブランド商品を低価格で提供する、会員制の大型量販店チェーンを展開する企業です。主な収益を年会費で賄い、商品を原価ギリギリで販売するビジネスモデルを確立しています。また、幅広い品揃えと、商品を入荷したままの状態で倉庫に並べて販売することで、管理・陳列コストを削減することでも低価格での販売をかぬにする要因となっています。現在は、アメリカ・カナダ・イギリス・アジア地域・オーストラリアなど全世界に800倉庫弱の販売網を保有しています。

競合には、ビージェイズ・ホールセール・クラブやウォルマートが運営するサムズクラブ、EC事業を展開するアマゾンなどが挙げられます。

セグメント情報

Food and Sundries事業

売上(百万USD)
FY20 68,659
FY19 59,672
FY18 58,046
FY17     -
FY16     -

乾物、包装食品、食料品、スナック菓子、キャンディ、アルコール飲料および非アルコール飲料、クリーニング用品などの雑貨を含む商品の小売り事業です。

Hardlines事業

売上(百万USD
FY20 27,729
FY19 24,570
FY18 22,652
FY17 20,644
FY16 18,995

家電製品、電子機器、健康・美容補助器具、金物、庭園、パティオを含む小売り事業です。

Ancillary and other事業

売上(百万USD)
FY20 26,550
FY19 28,571
FY18 25,484
FY17     -
FY16     -

倉庫内や倉庫に店舗を隣接することで商品やサービスの拡充を図り、会員の買い物の頻度を高めてもらうための付帯事業を行っています。この付帯事業には、ガソリンスタンド、薬局、調剤センター、フードコート、補聴器センターなどがあります。

Fresh Foods事業

売上(百万USD)
FY20 23,204
FY19 19,948
FY18 19,821
FY17 18,064
FY16 16,621

肉、青果、惣菜、ベーカリーなどを含む生鮮食品の小売り事業です。

Softlines事業

売上(百万USD)
FY20 17,078
FY19 16,590
FY18 15,573
FY17 15,483
FY16 14,246

アパレル、小型家電などを含む小売り事業です。

Membership fees事業

売上(百万USD)
FY20  3,541
FY19  3,352
FY18     -
FY17     -
FY16     -

全体の会員数は現在、10830万人。そのうち、有料会員は5970万人となっています。ゴールドスター会員の年会費が60ドル、ゴールドスターエグゼクティブの年会費がその倍の120ドルです。この会費の売上がこの事業の収益となっています。

会員に満足のために、商品の返品を受け付けや、特定の電子機器について通常90日間の返品ポリシーを設けているほか、技術サポートサービスや延長保証を無料で提供しています。

直近決算情報

《FY21Q2(12~2月)3月4日発表》

売上:447億6900万USD(約5兆円) 前年同期比14.6%増
純利益:9億5100万USD(約1兆円) 前年同期比2.1%増 
ROE:26.9%
ROA:8.4%
PER:36.0倍
PBR:10.0倍
時価総額:155,784百万USD

(※PER、PBR、時価総額は3月26日株価より算出)

当四半期の売上高は前年同期比14.7%増加、当期利益は2.1%の増加となっています。地域別・販売形態別の売上高については、アメリカが前年同期比11%増、カナダが13%増、その他の地域が22%増、Eコマースが76%増となりました。アナリストらによる同社業績の事前予想では、売上高が437.5億ドル、EPSが2.45ドルとなっていました。

売上についてはアナリストの予想を上回ったものの、新型コロナウイルス感染症の影響で営業経費がかさみ、思ったよりも利益を上げることができなかったと推測されます。

今後の展望

同社は新型コロナウイルス感染症の影響で、業績が好調に推移した企業のひとつです。特殊な環境下において、消費者の嗜好は変化しました。消費者はコストコ・ホールセールのような大型ボックスストアで食品や家電製品、日常家庭用品などを購入しています。

Eコマースを利用して外出しなくとも購入ができるようになった一方で、新型コロナウイルス感染症に関連した賃金や衛生費の増額しています。このようなコロナウイルスに関連した経費は、今後も継続して減少していく傾向にあると考えています。

現在は、米国とプエルトリコで558、カナダで103、メキシコで39、英国で29、日本で27、韓国で16、台湾で14、オーストラリアで12、スペインで3を含む804の倉庫を運営しています。また、米国、カナダ、英国、メキシコ、韓国、台湾、日本、オーストラリアでeコマースサイトを運営しています。

《参考》
https://toshikiwami.com/2020/06/05/costco-wholesale/
https://strainer.jp/companies/7424
https://strainer.jp/notes/336
https://investor.costco.com/node/22756/html

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

【DMM 株】口座開設
LINE証券

最近のコメント

    【DMM 株】口座開設
    LINE証券
    ページ上部へ戻る