バイデン大統領就任確定 なんで市場は高騰したの?

ジョー・バイデン氏の大統領就任が確実になった先週、ニューヨーク証券取引所、NASDAQなどの米国株式市場の株価が軒並み高騰、ダウジョーンズ平均株価は史上初めて3万ドルの大台を突破しました。株価高騰の背景には何があったのでしょうか。

市場は政権の正常な移行を期待

ジョー・バイデン氏の大統領選挙勝利を認めていなかったトランプ大統領が先週、自身のTwitterで同氏への政権移行手続きを開始すると発表しました。トランプ大統領は、現時点でも大統領選の敗北を正式に認めていませんが、市場は来年1月のバイデン氏の次期大統領就任は予定通り行われると判断、前向きな反応を示す形となりました。特に、景気動向に敏感な金融関連株とエネルギー関連株が軒並み値を上げました。米国株式市場の好調はそのままヨーロッパ市場、アジア市場などにも広がり、世界的に値上がりする結果になりました。

新型コロナウィルスのワクチン開発のニュースも追い風に

また、新型コロナウィルスのワクチン開発のニュースも追い風になりました。ファイザーがFDA(米国食品医薬品局)に緊急使用許可を申請、早ければ来月にも許可される見通しであるとの報道がなされました。有効率95%とされるファイザーの新型コロナウィルスのワクチンの使用が始まり、早期のパンデミック収束が期待できることなどから、多くの産業セクターの株価が上昇しました。

ジャネット・イエレン氏の財務長官就任のニュースも

先週はまた、バイデン次期大統領による主要人事の発表がありました。アントニー・ブリンケン氏が国務長官、ジョン・ケリー氏が気候変動問題担当特使、アヴリル・ヘインズ氏が国家情報長官と、実務型のベテランをそれぞれ起用する形となり、株式市場も相応に評価する結果になりました。 

バイデン人事の中でもとりわけ市場を驚かせたのは、ジャネット・イエレン氏の財務長官就任のニュースです。イエレン氏は2014年から四年間、第15代米国連邦準備制度理事会(FRB)議長を務めた超大物で、アメリカ屈指の経済学者として知られる人物です。アメリカ史上初の女性財務長官となるイエレン氏は、効率賃金理論を標ぼうするマクロ経済学者で、バイデン次期政権のもとで比較的大胆な財政出動をしてくると予想されています。バイデン氏は公約にクリーンエネルギー政策を掲げており、代替エネルギーなどへの投資を行うことを表明しています。バイデン氏と足並みを揃えるイエレン氏の財務長官就任は、総じて株式市場から大きく歓迎される結果となりました。

(参照サイト)

https://finance.yahoo.com/news/joe-biden-stock-market-gains-president-elect-donald-trump-172356698.html

https://www.bbc.co.uk/news/business-55064041

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

【DMM 株】口座開設
LINE証券

最近のコメント

    【DMM 株】口座開設
    LINE証券
    ページ上部へ戻る